【7月31日(金)開催】オンライン講演会「アフター・ウイズコロナの香港マーケティング事情2020」開催報告

新型コロナウイルスの感染拡大は、人々の価値観やライフスタイルに大きな変化をもたらしました。ニューノーマル(新常態)と言われる新たな生活様式が生まれ、消費スタイルにも変化が起きています。

今回のオンライン講演会では、日系企業のマーケティングPRを数多く手がけるVector Group International Ltd. 董事・総経理の板屋美幸氏より、最新の事例を元に、アフター・ウイズコロナ社会のマーケティング事情をテーマに、企業がいかに人々の生活の変化に応じたマーケティングアプローチが必要か、事例を交えてご紹介頂きました。

中国本土ではライブコマースという手法を使って、旅行会社の社長がコスプレ姿で中国各地の名所旧跡を紹介するライブ中継に一晩で218万人もの視聴者が集まり、一晩で3,105万元の売上を達成したという話が非常に印象的でした。また、VR動画で世界各地への旅行を体感できる有料コンテンツも人気があるそうです。

ウイズコロナの時代でオンラインマーケティングが隆盛期となり、アフターコロナの時代もオンラインからリアルへ集客できる仕組み作りをしていくことが大切だということを理解することができました。

【講演者プロフィール】

板屋美幸(いたやみゆき)

Vector Group International Ltd. 董事・総経理

1997年に航空会社を退職し、日中友好協会の国費留学生として上海へ留学、フリーランスのコーディネーターを経てPR会社を起業、日系企業のマーケティングPRを数多く手がける。

2011年ベクトルに参画、ベクトルチャイナの総経理に就任。日本企業の中国市場におけるマーケティングPRやブランディング、リスクコンサルなど、コミュニケーション全般をサポートしている。

在中国歴23年。今年より、海外拠点のヘッドクオーターである香港の責任者となると同時に、中華圏統括に就任。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Grey Facebook Icon

住所: Unit 329 & 330, 3/F., Hankow Centre, 5-15 Hankow Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong

© 2019 by NPO Hong Kong Wakyokai Ltd.