第61回香港和僑会


第61回

ヘリオス カン様(Mr.Helios Kan)

第61回香港和僑会

開催日

6月25日(金) 19:00 ~ 21:30

開催場所

日本人倶楽部

参加者数

30名

第61回香港和僑会

ヘリオス カン様 略歴:

千葉大電子工学科卒業、キャノン(小杉)に一年在籍後、三洋

香港、大手米国系企業を経て、現在Sheenway International

Investment Ltd.社取締役。米国に無線関連特許を所有。

(900MHZ帯)毎年4回ほど日本に出張。香港貿易発展局 日本

主席代表 吉田茂美様とも交流あり。

1.中国ビジネスのつきあい方

 中国人は人脈重視、人間関係を大切にする。何らかの協会

とかを紹介されたら極力メンバーになってほしい。会合では

第一印象が重要。相手を惹きつける話題も事前に準備して

おいたほうがよい。自己中心的考えはよくない。第二次大戦

での感情のしこりもまだあるので留意したほうがよい。

 また、面子を重視する。特に役人は面子にこだわる。日本

人が威張って対応するのはよくない。嘘をつくではなく自分

の能力、実力を若干誇張して話するのは問題ない。

 食事、宴席での会話はビジネス関係構築に効果ある。まず

友達になる事。WIN-WINの関係を意識して、謙虚な姿勢で偽り

ない態度で接することが大事。やっている内に色々理解でき

るようになる。

2.各地の中国人の特徴

北京:面子重視。

上海:ビジネス目的がはっきりしている。利益第一。交渉に

 は忍耐力が必要。

広東:お金第一。政治には無関心。

客家:潮州人とおなじでケチ。

福建:勤勉型。商売上手。

温州:中国のユダヤ人。団結力が強い。金の為なら儲ける迄

 食らいつく。ニセモノが多い。企業秘密はコピーされ易い。

浙江:表面は穏やかであるが、ビジネス感覚は鋭い。

香港:契約重視、効率を追求する。英語が通じる。治安は良い。

 家賃、人件費が高い。当社は売上100億円でも香港スタッフ

 は10人しかおいてない。P/O発注、貨物の受渡しのみ香港で

 行い、他はすべて中国でやっている。

3.日本人への思い

 以下は日本人批判ではなく、「もっと日本が強くなって欲し

い」という想いでの発言である事を理解してほしい。

 私は18~24才まで日本の東京に居た。日本人の根性、義理、

情けが好きである。海外に出ている日本人出向者は現地の事に

あまり興味を示さない人が多い。現地の言葉を覚えようとしな

い。よってスタッフとの交流もできていない。

韓国の企業は、例えば三星(Samsung)は、出向者が深センに

来て一年で北京語をしゃべれる。ローカル企業との対応も、

すこしでも問題あればちゃんとやってくれる。三星の社員は

赴任前に韓国で中国語を一年勉強し、更に短期語学留学して

からやってくる。日本の企業はそういう事はほとんどしない。

  日本人の考え方は見直しすべきである。セールスチームは

現地の拡販についてもっと積極的な計画を立てないといけない。