第65回香港和僑会


第65回

パネルディスカッション

第65回香港和僑会

開催日

12月17日(金) 19:00 ~ 21:30

開催場所

日本人倶楽部

参加者数

30名

第65回香港和僑会

◇  日時   2010年 12月 17日(金) 19:00~

◇  会場   香港日本人倶楽部

◇  テーマ  「香港での事業を成功させるためには」

◇  講演者  香港で長く経営をされている方と若手起業家のパネルディスカッション

----- パネラー陣 ----

・筒井修氏 和僑会の生みの親。若手起業家からは師匠と呼ばれ、和僑会を世界に広げる伝道師。

・岩崎八郎氏 香港在住約23年、小売業界の昔と今を語る大先輩。

・溝口鉄一郎氏 電子部品商社を経営、鹿児島と香港の文化交流にかける情熱は誰にも負けない。

・松浦修氏 世界のジュエリー業界で活躍、今後は日本市場で改革を起こそうと奮闘中。

・若井節子氏 香港の日本人女性起業家の代表格。これまでの数々のイベントをプロデュース。

・楊さちこ氏 日本と香港・中国のアジアコスメブームに火をつけた第一人者。

・若手起業家 先輩経営者に学ぶ香港和僑会の若手起業家達。

◇  記事

(1) これまでの人生で最大のチャンス(危機)とは

筒井修氏 の言葉

危機は感じたことがなく、どちらかといえばチャンスに恵まれたこれまでの人生です。

「有頂天にならず、挑戦をすること」がとても大切です。

1984年の香港のどん底に、香港へ来たこと、底値で投資ができたことが大きなチャンスでした。

岩崎八郎氏 の言葉

なんだか分からない香港の魅力。駐在員生活を思い返し、夫婦で一念発起、香港へ戻り起業。

溝口鉄一郎氏 の言葉

三洋電機の駐在員時代に経験した倒産ラッシュ。以前の駐在員は、今よりもずっと会社のために体・心をはって生きていました。

<ワンポイント>無理をせずに取り組んでゆくこと。

<ワンポイント>若手との交流は自分にとっての元気の素!

松浦修氏 の言葉

勤めていた会社倒産の危機がチャンスに!ヘッドハンティングをされ外資系企業へ転職。外資でのチャンスを与えてくる環境が自分を育ててくれました。

人生は楽しめる。リタイヤしてもその後の楽しみがあります。

若井節子氏 の言葉

天安門事件、顧客の倒産が危機!

危機はチャンス!天安門事件を機に下落する不動産を購入し、次の値上がりチャンスで会社の経営を支えてくれました。サーズのときも同じです。

「人間は裸の王様になってはいけない。まず人の話を聴くこと。」これがとても大切です。

物事を成し遂げるためには「健康」がとても大切です。

香港が持っているインフラが大きく貢献してくれました。

<ワンポイント>できるだけローカルの銀行と上手に付き合い、自分と自分の事業の見方になってもらうこと。

楊さちこ氏 の言葉

毎日がチャンス!どんな人と会うときにも自分は試されていると思いお会いしています。

(2) (中国内地と比較した場合の)香港で起業するメリット、優位性とは?

岩崎八郎氏 の言葉

社会経済システム全体が事業運営にフレンドリー。様々な働き方、経営の仕方が選択可能。

税制、労働法、移民制度など、様々な面で、自由度が大。

松浦修氏 の言葉

関税、増値税がゼロ。これは経営には大きな要素。

モノ・金・情報のハブ。宝石関係において「香港」は世界のハブ。

移動コストが安価。

国際的ビジネスインフラ。

生活のしやすさ。

若井節子氏 の言葉

人材が優秀。

法制度の整備レベルの高さ。

中国に対する認識において、香港人と日本人が共通。

温暖な気候。