開催報告【5月21日(金)開催】第180回香港和僑会定例会「最近の香港情勢」


第180回香港和僑会定例会につきまして、在香港日本国総領事館の高田真里・首席領事兼経済部長をお迎えし、5月21日(金)香港時間19時=日本時間20時より、「最近の香港情勢」というテーマでご講演頂きました。


2019年の抗議活動,昨年の香港国家安全維持法施行や米中関係等国際社会の動向等政治的事象についての理解が,今後の会員各位のビジネスへの影響や、香港の将来を見据える上で必要不可欠となっています。そこで今回は、香港を巡る政治状況を中心にお話し頂くとともに、あわせて新型コロナウイルス対策の現状等についてご説明頂きました。


今回の定例会にはオンラインでも多くの方にご参加頂き、講演後の質疑応答でも活発なご質問を頂くことができました。当会としても引き続き、在留邦人の皆様の香港生活に役立つ情報発信をしていきたいと思います。


【講演者プロフィール】

高田真里(たかだまり)

在香港日本国総領事館首席領事兼経済部長

1992年、外務省入省。北京,パキスタン,インドネシア等の在外公館勤務などを経て,2018年9月から二度目の当地勤務。

最新記事