【開催報告】2022年4月8日(金)第191回香港和僑会定例会「2021年の在香港日系企業の業績動向を振り返って」

第191回香港和僑会定例会につきまして、4月8日(金)香港時間19時=日本時間20時より、日本貿易振興機構(ジェトロ)香港事務所の高島大浩所長より「2021年の在香港日系企業の業績動向を振り返って」というテーマでご講演頂きました。


在香港日本国総領事館・日本貿易振興機構(ジェトロ)香港事務所・香港日本人商工会議所は、在香港の日系企業等の実態を把握し、取り得るべき対策を検討することを目的に、定期的にアンケート調査を実施しています。今回の講演では、2022年1月に実施した第9回目の調査結果概要につきご説明頂くとともに、昨年の業績の変遷を振り返りつつ香港の経済状況と照らし合わせたうえで、改めて日系企業にとっても香港の位置づけを考察して頂きました。


引き続き香港の出入境規制がビジネス上の大きなネックとなりますが、一国二制度のもとで担保された国際金融センター、自由貿易といった香港独特の機能は健在なので、我々も引き続き香港でのビジネスを頑張っていきたいと思います。


【講演者プロフィール】

高島大浩(たかしまともひろ)

ジェトロ・香港事務所 所長

1990年、ジェトロ入構。ジェトロ・ラゴス事務所、ロンドン事務所、バンコク事務所、対日投資部などを経て、2019年7月から現職。




最新記事