Fri, Aug 21 | Zoomミーティング

【8月21日(金)オンライン開催】第171回香港和僑会定例会「コロナ下・国安法後の人事労務Q&A」

引き続き新型コロナウイルスの影響による集会規制が継続しておりますので、8月の定例会もオンライン開催となります。今回の定例会では「法律」をテーマに当会の会員である二人の弁護士よりご講演頂きます。 最初に、阿久津裕美弁護士より「ストラクチャード・ファイナンス」分野の解説を10分程度して頂きます。次に、宇賀神崇弁護士より「コロナ下・国安法後の人事労務Q&A」というテーマで1時間程度の講演を予定しております。
お申し込みの受付は終了しました。
【8月21日(金)オンライン開催】第171回香港和僑会定例会「コロナ下・国安法後の人事労務Q&A」

日時・場所

Aug 21, 2020, 7:00 PM – 8:30 PM GMT+8
Zoomミーティング

イベントについて

【8月21日(金)オンライン開催】第171回香港和僑会定例会「コロナ下・国安法後の人事労務Q&A」

新型コロナウイルスの収束も見えず、さらに香港国安法が制定施行された2020年は、香港で事業を営む経営者の方々にとって、コロナウイルスと国安法に大きな影響を受けた(受ける)1年になりそうです。とりわけ、従業員の労務管理は、日常的に頭を悩ませる問題ではないでしょうか。在宅勤務を命じることができるのか、仕事がないため休暇を取らせ給料も支払わない措置が可能か、事業がうまくいかないから賃金を引き下げたり解雇したりすることができるのか、職場で従業員が国安法反対を唱えだしたらどうするか、国安法違反で従業員が逮捕されたらどうなるか、などなど。こうした疑問に、東京と香港の法律事務所で労働法務を経験した宇賀神崇弁護士が解説いたします。

■開催日時:8月21日(金)19:00開始、20:30終了予定

■開催方法:Zoomミーティング

■定員:90名

■参加費:会員ゲストとも無料

【講演者プロフィール】

宇賀神崇(うがじんたかし)弁護士

栃木県日光市出身。2013年弁護士登録、2020年ニューヨーク州弁護士登録。日本の四大法律事務所の一つである森・濱田松本法律事務所の東京・北京オフィスで労働法務・中国法務等の業務に携わり、アメリカ留学を経て、現在は香港の訴訟事務所Gall Solicitorsにて登録外国弁護士(日本法)として勤務。日本にとどまらず、香港・中国本土その他の海外でも股にかけて活躍中。

阿久津裕美(あくつひろみ)弁護士

栃木県宇都宮市出身。2013年弁護士登録、2020年ニューヨーク州司法試験合格。日本の大手法律事務所の一つであるTMI総合法律事務所の東京オフィスで、主にストラクチャード・ファイナンス、プロジェクトファイナンス業務等に携わる。2019年9月から2020年7月まで香港に滞在し、滞在中は現地法律事務所C.P. Lin & Co.にて執務。

つきましては、香港和僑会の会員だけではなく、香港在住のビジネスマン、留学生、日本語を学んでいる皆様もお気軽にご参加ください。

お申し込みの受付は終了しました。

このイベントをシェア