Tue, Jan 21 | 香港和僑会オフィス

【1月21日(火)開催】特別講演会「香港を法を通して考えるー日本人・香港人の弁護士による解説講座」

日本と香港で活躍する二人の弁護士が、香港基本法をはじめとした香港の法についての基本的知識、また香港で逮捕から刑事裁判までがどのように進むのか具体的にご説明いたします。また最近の抗議活動に関連した裁判で注目すべきものについて具体例を取り上げます。香港の法全体を時事問題とともに理解するまたとないチャンスです。つきましては、香港和僑会の会員だけではなく、香港在住のサラリーマン、主婦、留学生、日本語を学んでいる香港人の皆様もお気軽にご参加ください。
お申し込みの受付は終了しました。
【1月21日(火)開催】特別講演会「香港を法を通して考えるー日本人・香港人の弁護士による解説講座」

日時・場所

Jan 21, 2020, 6:30 PM – 9:30 PM
香港和僑会オフィス, Hankow Centre, 1-1E Middle Rd, Tsim Sha Tsui, 香港

イベントについて

■開催日時:1月21日(火)18:30受付開始、講演会19:00~20:30、懇親会 20:30~21:30終了予定

■参加費 :会員無料、ゲストHKD100、学生HKD50

=================

●講師プロフィール:増山健さん(日本人弁護士)

日本生まれ。京都大学法学部、同法科大学院卒業。日本法弁護士(2015年登録)。大阪の弁護士法人淀屋橋・山上合同にて、訴訟・紛争、コーポレート、M&A、不動産、公害、刑事事件等幅広い案件を取り扱う。専門は知的財産法務で、実務に携わる傍ら、学会での研究発表や執筆も行う。2018年京都産業大学非常勤講師(知財法)。中華圏やアジアにおける知的財産取引の普及と発展に着目し、現在、香港中文大学のLL.M(Master of Laws)に留学中。趣味は食べ歩きで、ディープな香港のお店発掘を目指し、広東語の習得にも励んでいる。

●講師プロフィール:Quincy Hoさん(香港人事務弁護士)

香港生まれ。香港大学にて会計学を専攻し、香港政府庫務署(日本の財務省相当)に就職。後に香港城市大学にてロボット法に関する研究に携わり、法務博士資格を取得。2015年、香港高等法院にて事務弁護士として認可。主に契約法・不法行為法関連の訴訟案件を多く扱い、国際商事仲裁・刑事訴訟などの経験も持つ。現在ZHANG LAWYERS法律事務所にて民事訴訟案件を担当。趣味はサイクリング、海外旅行と日本アニメ。今まで30カ国以上へ旅行した経験があり、日本国内旅行とアニメ趣味を満喫するために日本語を習得。香港の法律(特に民商事紛争や契約作成など)に関するご相談をLINE(ID:thesmos)にて随時受付中。

お申し込みの受付は終了しました。

このイベントをシェア