【7月17日(金)開催】第170回香港和僑会定例会「香港保険コンサルタントによる対談会+自己啓発セミナー」開催報告

7月の定例会は集会規制が再び強化されることになったため、急遽オンラインでの開催となりました。当日は「香港保険コンサルタントによる対談会+自己啓発セミナー」というテーマで、以下4名の会員の方に一人10分程度のプレゼンテーションをして頂きました。

 

 



【講師1:平原奈津子プロフィール】

2006年香港に移住。2007年2月よりManulife (International) Limitedの保険アドバイザーとして勤務。1993年に富士登山で知り合った香港人が配偶者であるため、帰国予定がない和僑となる。75歳まで保険アドバイザーを続けることが目標。現地校に通う9歳の息子を育てる母親でもあり、体を鍛えることが趣味。

 

【講師2:木津英隆プロフィール】

ロイター通信(香港)、米系格付け会社スタンダードアンドプアーズを経て、2008年より香港のIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)に所属する資産運用コンサルタントとして勤務。顧客ニーズに合わせて、個人年金プラン、貯蓄型生命保険、オフショア投資商品、相続対策商品など幅広い金融商品を提案可能。格付け会社勤務経験を生かした金融商品のリスクとリターンの丁寧な説明に定評がある。

 

【講師3:大村良幸プロフィール】

1988年に日系証券の駐在員として来港。以後30年にわたり、香港金融の第一線で活躍。現在、エバーブライト・サンフンカイのジャパンデスクにて、保険商品(貯蓄・年金・学資)や、資産運用などに関する相談窓口を務める。「大事なお金は一銭も減ってはいけない」、「自分にとって必要のない商品は買わないのが一番」がモットー。自らの香港での経験を生かし、24時間お客様のご相談に対応できる「金融界のアンパンマン」で生涯あり続けることが目標。趣味はテラッキング(お寺参り)。

 

【講師4:守安佐智子プロフィール】

香港在住9年目。趣味は読書、お散歩、色々な勉強会に参加すること。2016年5月より個人ブログ「まるこの香港生活」(https://m5hk.com)で日常生活について書き始めて、2020年6月現在1500記事になる。キングジムのデジタルメモ「ポメラDM200」を肌身離さず持ち歩く、自称「ポメラニアン」。「親指シフト」ユーザー、上級心理カウンセラー、リード・フォー・アクション・ファシリテーター、2児の母親。

 

まだまだ事務局がZOOMの司会進行に慣れておらず、お見苦しいところもあったかと思いますが、どうにか初めてのオンライン定例会を無事に完遂することができて、安堵しております。香港では再びコロナ感染者数が増加に転じ、まだまだ気の抜けない日々が続きますが、皆様、健康にはくれぐれもご留意ください。またいずれ近いうちに、皆様とオフラインイベントでもお会いできることを楽しみにしております。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

第10回教育分科会「大人の香港社会見学」

January 20, 2018

1/1
Please reload

最新記事