第0回 特別講演会


第0回

ディーアンドシー代表 田渕 裕哉

特別講演会

開催日

7月1日(日) 19:00 ~ 21:30

開催場所

日本人倶楽部

参加者数

0名

特別講演会

【今回は前座の上野】

いくらお金があっても忙しすぎて使う暇さえなければ人生としてあまり意味がない。

『お金と時間、そのどちらにも自由でありたい。』

(これは師匠こと筒井会長の口癖でもある)

頭では、わかっちゃいるけど・・・。

ではどうやったらお金と時間どちらも犠牲にすることなく手に入れることが出来るか?

そこがとても難しい。

さてさて、何か妙案は、ないものか?

丁度そう悩んでいた時に出会ったのが田渕先生のご講演。前回のシンセンの和僑会での講演は大好評だった。ご自身の体験に基づく脱サラからお金と時間を同時に手に入れるまでの話。実話だけに説得力が違う。おまけにさすがは“話のプロ”。非常に、判りやすい。

(日本プロスピーカー協会にも所属 http://www.achievement.co.jp/jpsa/trainer/trainer_09.html)

今回、田渕先生のご好意で手弁当で香港での特別講演が実現。是非今回もお話を伺いたかったが、たまたま私自身は所用で7月28日は行き違いで日本。

(残念、無念・・・)

平易ですが奥の深いお話。「リーダーシップとは?」「ビジネスオーナーとは?」「社会とのつながりとは?」などなど是非、少しだけでも立ち止まってご自分で考えながらこの議事録を読みすすめることを強くお勧めします。

「恨みは置いてくる」ではないけれど、私自身は『後悔しても後の祭り』を嘆くより議事録からどんな話だったか想像力を逞しくすることに徹することにしました。

田渕先生ありがとうございます。

(前座の文責 上野)

===================

時間はあるがお金がないのが凡人の悩みであろうが、功成り名を遂げた人でもお金はあるのに時間がない悩みを持つ人は多い。

お金と時間はトレードオフの関係にあると考えがちであるが、今回田渕先生からその両方を手にいれる方法についてお話を伺った。

***************************

のっけから

『考え方が全てである』と切り出され、

浮き沈みの多かったウィークリーマンションの川又社長の事例を挙げた説明があった。

観念的哲学的な切り口で始まったのでどうなるのか心配しましたが具体例をふんだんに盛り込むなど工夫を凝らしてくれたお陰で聞く側にとって理解しやすい内容でありました。

では、どのような考え方をすればよいのか?田渕先生はどのような考え方でどのような生き様なのか。それをご披露いただいた。

田渕先生は自らを『健全な利己主義』と形容してみせた。

「自分が大事だから・・・・・・。」

文中の“・・・・。”には行動が入ります。

通常利己主義と言うと自己中心的で他者への思いやりがなく社会性に欠けるイメージが付き纏うが田渕先生の主張する『健全な利己主義』とは理屈に合った内容で非常に納得性が高いものなので、誤解なきよう。