第42回香港和僑会


第42回

プライスウォーターハウス 駒形 洋紀氏

第42回香港和僑会

開催日

10月17日(金) 19:00 ~ 21:30

開催場所

日本人倶楽部

参加者数

30名

第42回香港和僑会

◇ルールの違う海外の会計で困ったらまずやるべきこと

実は前から悩んでいたことがある。「経営者にとっての実践的な会計知識はどうやったら習得できるものだろうか?」と。

“会計”は語学、IT、に並んで現代のビジネスマンに必須科目。わかっちゃいるけど、だからといって今更、学生に交じって簿記の学校に通っても海外起業家としての実践的な知識が身につくとも思えない。ではどうすれば…。

========

会場に入るといつもと様子が違う。

各席には問題と解答用紙が配られている。セミナーというよりは試験会場のよう。

事前に教室形式とは聞いていたが、まさかテストまであるとは…。

講義が始まるや否や15分間のミニテスト。問題に目を通す

『なーんだ。簿記三級レベルぐらいの仕分け問題か。これなら何とか。』と安心したのもつかの間、

『なになに、「但し商品勘定は総記法で記帳すること」』

『総記法ってなんだっけ?』『え~とこれは貸し方??』

たちまち頭に(冷)汗が…。

必須科目の割にビジネスパーソンの会計知識のレベルは実に千差万別。それこそ入門クラスから会計のプロ並みな人までいる。レベルの幅の広い聴講者を一様に満足させることは至難の業。万人受けするテーマなど本当にあるのだろうかと思って今回の駒形先生の講義に臨んだがさすがは和僑会で講演が3年連続で続く人気だけのことはある。毎回、毎回、趣向を凝らした講義はいつも斬新。受講前の期待をいい意味で裏切る。また香港という土地柄もあり香港はもちろん中国の会計の相談も多い。香港在住の海外起業家にとっては心強い相談相手である。もちろん日本にも精通しているのでいわゆる日本脱出組はばかりでなく日本に本社がある法人からも厚い信頼を得ている。

毎回テーマの選びのセンスの良さにも感心させられた。駒形講師が今回スポットを当てたのはずばり「仕分け」。「経営者こそ自分で仕分けをやってみよう!」

*第27回『行列ができる会計相談所』2007/7/20議事録はこちら↓ 

http://www.wa-kyo.com/report_wakyo_0027.html

*2006年9月第17回「経営者必修!香港・華南の会計・税法について」という

テーマでご講演された。

仕分けは一見すると単純な貸し方と借り方への振り分け作業だ。しかし実はこれがとても奥深い。

傍で見ていると非常に理路整然としている勘定科目。しかし「この金額はどの勘定科目につけようか?」世の中のことはいつもはっきり白黒つけられることばかりではない。

今回の特別講義はその意味で経営者の会計の弱点に的を絞った短時間で満足度の高い講義だった。さすがは現役の会計士、資格試験対策の先生と違って日々現役の経営者の駆け込み寺として経営者の本音の“困った”が生のデータベースとして頭の中で常に最新データにアップデートされているのでかゆい所に手が…。

「忙しくて会計をまかせっきりにしている経営者の方もいらっしゃるかと思いますが、間違っても構わないので、まず自分で鉛筆を持って仕分けをやってみる姿勢が大切。経営者が仕分けを理解しようとすることがとても重要です」

経営者が会計の理解を深める一番手っ取り早い方法は「実際に経営者が自ら会計をやってみること」

ここまではだれしもすぐに思い至る。だが『会計は専門知識が要求され、いきなりは無理…』などとついつい尻込んでしまう。そして「記帳(仕分け)は専門家にまかすのが無難」と会計を避けてしまう。

「そうか!会計ルールだって毎年のように変