第39回香港和僑会


第39回

MGB Marketing Ltd. 代表取締役 武田頼弘氏

第39回香港和僑会

開催日

7月1日(火) 19:00 ~ 21:30

開催場所

日本人倶楽部

参加者数

40名

第39回香港和僑会

◇アンコールの効用

実は、「読書百遍、意、自ずから通ず」という言葉が私(上野)は大の苦手だった。

「わからないものを無理して100遍も読むなんて…」

本が希少な時代ならともかく現代は本があふれている。「文意のとれない難解な本と格闘するのは時間と労力の浪費。そんなものは駄作に違いないから、わかりやすい良書に読み替えた方が早い」などと考えていた。

あるとき本屋さんで、高額納税者No1の常連、あの斉藤一人さんの本をふと手にした。付録にCDがついている。10分足らずの幸福に関する短い話が収まっていた。そのCDは「100回聞きシリーズ」と呼ばれていた。

何でも、このCDの話を100回聞くとしあわせになるという。キツネにつままれたような気分だったが、「ものは試し」騙されたと思って100回聞いてみた。そして驚いた。

繰り返し聞くと(幸せになったかどうかは別にして…)わずか10分ぐらいの話でも聞くたびに新しい発見がある。聞き洩らしなどもあるが、聞く度に今まで思いつかなかったような新たなアイデアがわき出てくるのには自分のことながら驚かされた。

話を聞いて頭でわかっているからと言ってそれができるとは限らない。「頭でわかるだけでなく体にしみ込ませるためにいい話は何度でも聞くものだ。」とその時、改めて気づかされた次第。

今回の武田社長の話は、数か月前シンセンの和僑会での講演が非常に好評だったためアンコールに答えての再演である。

CDは手軽で便利だが、所詮は同じ話しか聞けない。生の講演なら同じ題材でもいろいろな料理の仕方が楽しめる。たとえ話を交えたり違った角度から話してもらったりということもできる。その点、今回のアンコールは同じ題材を違った切り口で聞けるという、ある意味で和僑会ならではの非常に贅沢な企画である。

しかもテーマは聞き手は根掘り葉掘り聞いてみたいが話し手はあまり語りたがらない成功者の“挫折のお話”。海外ビジネスや起業で過去の三度のビジネスでの失敗・挫折を乗り越えた体験を包み隠さず前回からさらに進化させたバージョンで語っていただけた。

前回のシンセンでのお話も聞かせていただいたが、実はその時、一つの疑問が心に疑問が引っ掛かったままだった。

「仲間から助け船を出してもらった話ならよく聞くが3回とも挫折時に思わぬ人から救いの手が差し伸べられた点、武田社長は非常にユニーク。普段、いったいどのような人脈構築を心がけておられるのだろうか?」

「いざというとき助けの手を差し伸べてもらえるような人脈を構築するには?」

「そんなことは自分で考えなさい」と言われそうな実に虫のいい疑問ではある。その疑問へも今回の講演は答えてくれた。曰く「名刺交換して枚数だけ稼いでもそんなものは人脈でも何でもない。大切なのは自分の想いとそれをいかに一期一会でアピールできるか」

後に師匠こと筒井和僑会会長もこんな解説を加えた。「なぜ困ったときに思いもしていなかった人が声をかけてくれるか?それは武田社長の人柄・普段の行動を見ていて『この人なら…』と思ったからに違いない。つまり自分、そして自分のやっていることは誰かが必ず見ている。世の中は実にうまくできている」と。

また今回もちょっと辛口の武田節が健在だった。

曰く「名刺を30秒で見つけられなかったら経営者はやめたほうがいいかもしれない」

(ごもっとも。しかしキビシ~!)

本に例えれば「今回は大幅に加筆を加えた改訂版、前著をお読みいただいた方にも参考になります」今回聞き逃した人は誠に残念。しかし武田社長は今後も機会があればお話をしていただけるという。次回の再改定版の講演には今回聞き逃した方も今回参加された方もぜひご参加あれ。

武田先生ありがとうございます。

今回の気づき「良書やいい話は気づきのヒントにあふれている」

(ここまでの文責 上野)

第39回香港和僑会 速記録

講師:MGB Marketing Ltd. 代表取締役 武田頼弘氏

まず、経歴を失敗談を交えながら話したい。

私は55歳から起業した。

学生時代は学生運動もしたし大阪の宗右衛門町でバーテンダーのアルバイトもした、就職がなかなか決まらず、ようやく小さな専門商社に就職することができた。

当時は日本製は安かろう悪かろう。今の中国と同じ状況。爪楊枝からヘリコプターまで日本から輸出されたような時代だった。

新入社員ながらローマ経由エチオピアからアジスアベベまでいろんな国を行かせてもらいアフリカの20カ国セールスをして回り歩いた。

40年前の事だからクーリエなどのサービスはないので、バッグの中にいっぱい見本を詰めて手で持ってアフリカ中を半年間走り回った。

顧客リストもない、マーケティングもしていない中でどうやって売り歩いたかと言うと、到着の1日目はホテルに泊まり2日目にメインストリートを歩き、大きな看板に目を付ける。看板の大きな店なら金があるだろう。もしかしたら買ってくれるのではないかと思い、サンプルを見せて値段を言って販売を開始した。今にして思うと非常に原始的な売り込み