第38回香港和僑会


第38回

肇英実業 川副哲社長

第38回香港和僑会

開催日

6月1日(日) 19:00 ~ 21:30

開催場所

日本人倶楽部

参加者数

40名

第38回香港和僑会

◇知識の次に来るもの

「いや今回の話の内容には本当に驚いた。」

質問にたった初参加の聴講者の一人が開口一番そんな感想を漏らした。

初参加といっても、すでに海外歴30年のベテラン経営者である。その人が今回の講演を聞いてなぜそんなに驚いたのか?

「とにかく内容が濃い。お話しの中で出た人件費や税金その他の数字、そして中国最新情報は、単に情報が豊富なだけでなく非常に正確。中国に関してこれだけの情報を、もしほかで得ようとしたら、時間を使ってたくさんのセミナーに出席して多額のお金をはらわなければならないと思う」と。

講演の原稿はこちら↓

たしかに、中国に関するクオリティの高いセミナーの値段は安くない。しかしそういったセミナーの講師であれば知識は豊富かもしれないが「天は二物をあたえず」。反比例的に実務には疎い人の場合も多い。

したがって高額セミナーに参加すれば中国ビジネスの知識はえられたとしても、果たして今回のような実務に直結した知恵が得られるかどうかは別の話だ。

それ以上に今回のセミナーは・・・。

講師の川副社長は、和僑会の副会長。また20年以上もの間続いている日本人の気軽な情報交換飲茶(ヤムチャ)の会、八日会も主催している。気軽といってもこちらも良質な情報が得られる場という意味ではクオリティは高い。

「川副社長が本当に話したかったのは、惜しみなく出したその豊富な知識の“先”にあるものではなかったのだろうか?」ふと思った。

そういえば自分を含め、駆け出しの起業家やコンサルタントは、とかく情報や知識を武器と思いがちだ。なにかといえば「それはノウハウなのでちょっと簡単には言えません」「これは、コンベティターに知られると困る大切な・・・」「この知識を習得するために高額のセミナーに参加して本も何十冊もよんだ。」などといって知識を出し惜しんだりする。たしかに知識にも価値はある。

しかし一度聞いたらわかってしまう薄っぺらなノウハウでは所詮、末永い商売はできない。

ネタがばれたらおわりである。

「知識の先にあるビジネスの肝とは何だろうか」川副社長の話をききながら、そんなことをしきりに考え続けた。

おそらくそれは、“商売の仕組みをつくるノウハウ”ではないだろうか?あるいは雇われ経営者ではなくビジネスのオーナーとしての心がまえ??

和僑会を貫く理念でもある「共存共栄、相互扶助、社会貢献」

助け合い、高めあい、そして社会に喜んでもらえる仕組みが出来て初めて商売は末永く繁栄する。この仕組みづくりも難しい。

「知識の先にあるものは果たしてなんだろうか?講演中に提供される圧倒的な情報量と熱気に知恵熱のようなものを覚えながらも同時に深く考えさせられる。尾を引く講演だった。

今回のご講演では単に知識の提供ばかりでなく、聴講者が考える場も周到に用意されていた。

会場で川副社長から聴講者に投げかけられたのが以下の質問。

私にとっては頭に汗をかく格好のテーマばかりだった。

あ。自分が外国で起業して経営者になった時、社員の活性化としてどのような事をやるか?

い。外国で外国人を雇用して事業を伸ばすには、どのような事に留意しなければならないか?

特に人事管理、人材開発の面から。

う。外国で経営する日本人企業家に取って必要な リーダーシップは何か?

「ひょっとすると・・・」

「知識の先にあるのは自分の頭で考え抜くこと!?」

川副社長ありがとうございました。   (ここまでの文責 上野)

第38回香港和僑会 講演会 速記録

講師:肇英実業 川副哲社長

中国華南における事業環境と事業機会について次の順番で話したい。

1)1992年に設立したテクノセンターとその生い立ち

2)中国の経営環境が悪化しているがどう乗り切るか

3)陽江工業団地のコンセプト

4)香港における今後のビジネスチャンスは何か?

5)こちらから皆さんに問いかけしたいこと。