第33回香港和僑会


第33回

オールランドプロモーション社長 緒方 玲子氏

第33回香港和僑会

開催日

1月18日(金) 19:00 ~ 21:30

開催場所

日本人倶楽部

参加者数

30名

第33回香港和僑会

「はっ」とする一言に出会った。

中国のユダヤ人とも呼ばれる"客家"。彼らをここまで凄くしたのはなんだったのだろう。

"客家の教え"のようなものがあったのだろうか?と言う質問に答えての一言。

「高くても仲間から買ってあげる」(え、中国人が高くても買う?)

ここからは勝手な自己流の解釈だが、おそらく仲間うちであってもとことん値段交渉はあるだろう。しかし傍から見ると同じように過酷に見える値段交渉でも”冷やかし”でない商談は全く意味が違う。捉え方によってはこれほど商売人を鍛える教育はない。

いや中国人の場合、買うことが決まっているだけにむしろ徹底的に納得するまで高い訳を議論・追及するに決まっている。

一方、私の知る限り、日本人の感覚だと「高くても仲間から買ってあげる」≒「言い値で買わないと仲間内から白い目で。仲間うちでお金の話などもってのほか。」しかしこれではお互い不幸。切磋琢磨がない。

最近の株の急変動ひとつとってもそうだが、何が起るかまったく予想できない世界。そんな世界だからこそ大切なのは信頼できる仲間。

「高くても仲間から買ってあげる」

一見右から左に聞き流しそうなこの言葉の意味は深い。共存共栄の本当の意味とは?海外で起業し活躍する和僑の間でこのような切磋琢磨が当たり前のようにできたらきっと…。

淡々と語られたお話には実証済みの奇跡の起こし方のヒントがたくさん詰まっていた。そしてこれらを自分に当てはめて考えると海外起業家にも役立つノウハウばかりに思える。

また「クリスマスカードを送るだけでも首の皮一枚人とのつながりが保てる」とも。この言葉も43年間香港で暮らして体得した言葉だけに重い。

(音信不通で過ごした歳月を埋めるのに必ずしも長い手紙は必要ないのかも知れない。)「ちょっとしたきっかけで疎遠になったあの人に一言だけ添えた旧正月のカードを送ろう」などと柄にもなく思い立った。

あの吉田茂総裁の後をついだ緒方竹虎のご一族。ご親戚にはあの緒方貞子女史も名を連ねる。『華麗なる一族』などと月並みな形容ではかえって失礼。何代にも亘る上流社会の人脈が・・。

(今回の講演をすでに聞いた人も『拙速で候さん』の【注釈*】付の議事録をもう一度読まれることをお勧めします。 拙速さん調査ありがとうございます)

そんな“やんごとなき”お方が、「生き馬の目を抜く香港で商売っ気のない自分がなぜ奇跡的に生き延びれたのか」をご自身で8枚のスピーチ原稿にまとめて生で語ってくれた講演。和僑会ならではの贅沢である。

もうひとつ心に残ったのは客家が世界のさまざまな場所で開いている『客家世界大会』。

『客家に出来て和僑に出来ないわけがない』そんな勇気を奮い立たせてくれたお話でもありました。

緒方先生、本当にありがとうございました。

(ここまでの文責 上野)

=================================

第33回和僑会講演会 速記録

講師:All Land Promotion Limited Director緒方 玲子女史

香港は43年になるが本籍は福岡に残しているので気の利いた事をやりたいと思っている。

長く居るから成功していると思われているが商売は下手なので誤解されているのではと自分では考えている。生き馬の目を抜く香港で生き延びてこられたのは奇跡である。今回は海外での起業とか香港ビジネスいった普段の話題とちょっと毛色が違う話かもしれない。

何が良かったのかを振り返ってみると人を大事にした事だと思う。

長く付き合うと誤解やいさかいも起こる。そういう時は“沈黙は金”である。時間が経てば“ヨリ“が戻る。私は「親友がひとり居るだけでいい」と常々考えていたが、その事をある中国人の友人に語ったところ、その中国人から「魯迅も同じ事を言っている。」と教えらうれしくなった。2世代、3世代に亙って付き合ってはじめてわかる事もある。

司法長官のリョウ・アイシ女史(※律政司司長の梁愛詩女史(在任期間:1997年7月1日-2005年10月20日)詳細wikipediaご参照)とは1969年から親交が続いている。

私のどこが気に入られているのか?自問自答してみたが、モタモタして頼りにならないから好かれているぐらいしか理由は思いつかない。彼女から「必要な事は伝えるのに大声はいらない」ことを教わった。

私は1969年に日本人商工会議所が開設されてから7年間勤めていた。その時の顧問弁護士が彼女だったことが縁。日本人学校の設立に非常に力になってくれたのが思い出深い。

日本人学校を設立する時にアメリカンスクールに話を聞きに行った時の事、階段の下のスペースに作った校長室で、校長先生が「香港政府から“Piece of mountain”を貰った。」と表現した。ならば日本人学校のほうは”Piece of valley”を貰ったわけだ。モノを与えて「後は何とかせい」が統治していたイギリス紳士一流のやり口か、と言う印象を持った。

梁愛詩女史は普段はとても早口。TV出演の準備で私にわざわざ電話を掛けてきて練習台にし、「聞き取れたか」と。大変な努力家でもある。

◇旧日本軍占領統治との違い

皆さんは返還前ビクトリア公園にあったビクトリア女王像は今どこにあるかご存知だろうか?念のため確かめに行ったが、まだビクトリア公園に座っていた。日本が中国の立場だったら真っ先に撤去されているだろう。かつて旧日本軍が3年8ヶ月香港を占領していたが、クイーンズロードは大正通り、別の道は明治通りと地名を変更した。地元民は混乱してマゴマゴしていると日本兵に殴られる。人心を撹乱させるやり方を旧日本軍は採った。

一方、中共は香港を返還してもキノコのような建物Prince of Wales Buildingも中国人民解放軍海軍司令部が使用しているし地名も変えない。返還前に「地名を変更するのか?」と聞いた香港人に中国側は「話は出たが、変えたら人心が落ち着かなくなるので止めた。」と。中共は香港人の気持ちに配慮しているなとその時思った。

ひとつだけ変わらないのがある。それは中山路だ。この地名は台湾にもあるが、孫文が日本亡命中につけた名前が中山だったからだ。今、中山市と呼ばれているが、昔は香山県という地名だった。孫文にちなんで地名が変わっている。ちなみにこの中山の由来は沖縄という。沖縄に中山王朝があって中山王は江戸に住むようになっていた。

青山公路(※全湾辺りの道)