第32回香港和僑会


第32回

太陽商事 社長 筒井 修 氏

第32回香港和僑会

開催日

12月1日(土) 19:00 ~ 21:30

開催場所

日本人倶楽部

参加者数

30名

第32回香港和僑会

早いもので今年最後の和僑会講演となりました。

今年を締めくくる、今回の和僑会はとにかく盛りだくさん。豪華3本立て!

1.2007年の講演を振り返って (過去議事録のリンクも!覗いてみてください)

2.経営・企業に関する相談・質問

3.マニュフェストの作り方

香港起業や香港ビジネスに興味のある方以外も必見の内容です。

ここで例によって師匠の口癖、

「香港でビジネスを立ち上げ各分野で大成功された方が自分達が紆余曲折して掴んだ成功の秘訣をボランテア同然で話してくれる。聞いた話をたったひとつだけ吸収したとしてもこれだけの人数の成功者から聞けたのだから・・・。本当にありがたい話。和僑会の人たちは恵まれている」と。

いろいろと考えさせられるお話が・・・

「もう一度人生があったらどうしますか?」「中国でリストラにあったらどうする?」

「経営者として一番大切なことは?」「今年の目標達成率の自己評価は?」「お金と時間を同時に手に入れるには?」「経営は○なり!」など。そして「和僑会の賢い活用法とは?」

今回も強力な助っ人“拙速で候”さんに議事録つくりをお願いしました。

それでは、拙速で候”さんよろしくお願いします!

                     (ここまで上野記)  

*今回の講演は参加者にも考えてもらう参加型。ということで最後に感想も加えさせていただきました。

=================================================

第32回(12月) 「08年マニフェスト・私ならこうする」

   太陽商事 社長 筒井 修 氏

今年最後の和僑会となった。

本日は“2007年の講演を振り返って“、”2008年のマニュフェストの作成に付いて”、“経営・起業に関する相談”について話したい。

◆2007年の講演を振り返って◆

和僑会が何をしたか1年を振り返ってみたい。

1月から順を追って活動内容を振り返ると、すばらしい講師の先生方からお話を伺っている事が分かる。内容は香港での起業や香港でのビジネス展開にとどまらない広範なもの。人間だから内容を忘れてしまう事も有る、それはそれで良いのだが、折角良い話を聞いても右から左に流れてしまったのではもったいない。

今まではこちらが一方的にしゃべる講義形式だったが、今日は指名し質問しながら話を進めたい。このスタイルはシンセン和僑会で熨斗総経理(可宝得環保技術(深セン)有限公司)が行なった方法で熨斗総経理は会場を駆けずり回りながら講演し参加者に質問されていた。熨斗総経理にその理由を尋ねたら聞いている側にも緊張感を持ってもらいたいからという意図でした。

さて、まず1月から振り返りたい。

第21回(1月) 「返還後の香港」

    トレディアファッション社長 水野 洋一 氏

http://www.wa-kyo.com/report_wakyo_0021.html

元三菱商事の水野社長

返還後の香港ビジネスをやさしく説明していただいた。

「もう一度人生があったらどうしますか?」と質問したら

「又、商社で仕事をしたい。」と答えられたのが印象に残っている。

2度同じ人生を歩みたい、と言うのだから、余程満足した人生だったのではないか。

第22回(2月) 「中国にある日本中小企業の生態」 

 珠海日本語学校校長 周 文匯 氏

 http://www.wa-kyo.com/report_wakyo_0022.html

中国に進出している日本の中小企業の実態を実例を交えてお話を頂いた。

中国の医者はカネさえ出せばいくらでも診断書を書き換える。医者の診断書があっても信用してはいけない。そう思った。

ショックだったのは珠海に日本人の乞食がいるという話。駐在員として珠海に派遣された日本人が会社を辞めた。再就職がうまくいかず、日本に帰るカネ