特別講演会

栢野 克己 (かやの かつみ)

特別講演会

開催日

9月16日(火) 19:00 ~ 21:30

開催場所

JBNミーティングルーム

参加者数

15名

特別講演会

中国人をみたら・・・・と思え

今回は、残念無念で私(上野)自身が出席できず。

「どうだった?」「どうだった?」参加者に聞きまわると異口同音に「すごくためになった」「面白かった」と賞賛の嵐。参加できずに本当に後悔。

しかし以下の速記録を見るだけでもいろいろな気づきが・・・。

でもって、文責 上野の気づき

「中国人をみたら」

「・・・」

「友達と思え!」(その解説は本文参照♪)

聞くところによると、栢野先生は今回を皮切りにどんどんアジアで講演するご意向とか。

栢野先生、次回のお越しを首を長くしてお待ちしております。

ありがとうございました。 (文責 上野)

和僑会 臨時特別講演 2008年9月16日

零細企業コンサルタント 栢野克己

16年前(1992年)から九州ベンチャー大学という勉強会を開催している。

自営業をしている方は自分で勉強する機会がないので、零細企業の方(かた)向けに勉強会を開いている。そのおかげで事例を多く知るようになり相談を持ち込まれるようになった。相談は無報酬で受けている。相談が多くなるので事例も多くなると言う循環になっている。

現在年間100回講演をしているが将来の夢の一つに10年後にはアジアで3分の1講演をしたい。というのがあり、本日は記念すべき第1回目のアジア講演になる。

今回はインドネシアからの帰途に香港に立ち寄った。

インドネシアのバンドンに鳥元という居酒屋がある。ここはアパレル会社を経営している吉武社長が経営している店。吉武社長は伊藤忠、伊藤錦を経て30代にバンドンで独立された方。それからインドネシア人を日本に派遣する会社を経営している桶さん、神本さんがバンドンでは集まってくれた。人材派遣会社はインドネシア人を集めて礼儀作法、あいさつ、簡単な日本語を教えて日本のトヨタ、ヤマハ、新日鉄などに派遣している。600人を送り出している。報酬は3,500円/人/月。

インドネシア人は穏やかで評判が良い、国情はタイの10年前と同じ、現在のタイとベトナムの中間が今のインドネシアだろう。タイは車だらけ、ベトナムはバイクだらけ。インドネシアはその中間。世界各国を回ったが、アジアは治安が良い、一方サンパウロは非常に治安が悪かった。家に鉄格子が着いており、7時以降の一人歩きは危険である。事件の発生率は日本の77倍にも達する。

その点中国人のバイタリティはスゴイ。どこの国に行ってもいる。アフリカのヨハネスブルグは世界で一番治安の悪い都市として知られるが300%強盗に遭うと言われている。ホテルの目の前にあるコンビニエンスストアに行くまでに強盗に遭うほどだ。かつてはローデシアと呼ばれたジンバブエはインフレが10000%を超え失業率は85%と考えられない数字になっている。そのジンバブエに桜田さんと言う現地の方と結婚された女性がいる。その方によるとこの7年間で日本人、欧米人は100分の1になったが、中国人は逆に100倍増えていると言う。中国が資源確保に動いているのが背景にある。昔から居る華僑は福建省から来た人たちで最大のレストラン・両替商は彼ら華僑が経営している。

ハングリーパワーは今や韓国中国のものだ。

福岡の天神は中国人だらけだし、吉野家の池袋店に行ったら店長以外はみんな中国人になっていた。飲食は中国人が抑えてしまっている。

日本で「中国人は嫌いだ」と言う人はまず中国に行った事のない人。私はこれからは中国がNO.1になると思っているから“中国人を見たら友達になろう”と心掛けている。

日本人は行儀良く並ぶが中国人は我勝ちに殺到する。

アジアを旅した時の印象だがネパールにマオイストが6割いる。ネパールにもインドと同じカースト制度がありそれへの反発からマオイズムに人気が出ている。カンボジアのプノンペンは戦後の焼け跡時代を髣髴とさせる光景。

ネパールの散髪屋で散髪をしていると、隣に居た客が「日本に連れて行ってくれ」と言う。初対面の見ず知らずの人間にこんなことを平気で頼んでくる。ハングリー精神の表れだろう。

ヤマハの売上の9割はアジアなのでこのような大企業はアジアの情報は知っているだろうが、中小企業の多くはアジアの情報は知らない。「アジアは近くて安全」というのを伝えていきたい。日本人の大半が内向きで分かっていない。

日本ではニート、アルバイト、派遣、失業などが労働人口の3分の1になっている。この様な人たちに働き場を与える為に“アジア送り出し機関”を作ってはどうだろう。

中南米を旅している時に見た光景はびっくりした。5歳か10歳で乞食の営業をしている。信号待ちしているミニバスに子供が乗り込んできて勝手に歌を歌って金をせびる。8歳で靴磨きや雑貨を売ったりしている。いかに日本が恵まれているかを考えると日本は奇跡のように思える。

日本人はパワーでは負けるが世界一のものを持っている。あいさつ、礼儀作法がきちんとしていて、正直でまじめ、うそをつかない。

殺人事件で被害にあった人は年間で1,600人、この数字はここ数年変化していない。

世界的な評価も日本は高い。中南米を歩いていると東洋人は中国人と思われるので“チノ”と呼ばれる。“チノ“とは中国人の蔑称だ。私は”ジャポン“だ、と言うと急に尊敬のまなざしに変わる。橋や学校が日本の援助で出来ているのを知っているからだ。JICAの功績もあるが日本人の国民性を評価されたと考えても良い。