特別講演会

アジア太平洋ルネッサンス協会議長 角田識之

特別講演会

開催日

9月30日(火) 19:00 ~ 21:30

開催場所

日本人倶楽部 

参加者数

30名

特別講演会

◇摂氏400度のオアシス

冒頭の師匠こと筒井和僑会長の挨拶が振るっていた。なんでも今回の講演は師匠を訪ねるつもりで香港に来た角田先生に無理にお願いして実現の運びとなったわけだが会合で初対面の二人が言葉を交わしたのは帰りがけに二言三言の挨拶程度だったとか。

しかしなぜかその後何年もずっとお互いに印象に残っていたらしい。

たった二言三言でずっと繋がる縁。そんな縁づくりの秘訣がもしあればぜひ知りたいものだ。

以前の講師、緒方玲子先生の不思議な出来事をふと、思い出した。

講演の帰りがけエレベータに緒方先生と乗り合わせて降りてくる間のほんのわずかな時間のこと。ふと横を見ると隣の欧米紳士と会話が弾んでいる。

以前からの知り合いには見えない。

「素敵なスティックですね」と紳士

「ありがとう。アフリカ製のもので・・・」と緒方先生。

え?こんなわずかな時間で親しくなれるもの?「やはり達人は凡人と違う」と思ったものだ。今回の角田先生と筒井師匠の一件もしかり。武士の世界で言えば“構え”を見ただけでお互いの力量がわかるといったところなのだろうか。

それにしても今回の講演もまたしてもいい意味で大いに予想を裏切られた。

お題からして「感動経営」。何しろ

「トップは400度の熱意で語れ。それでもリーダーたちに伝わるのは半分の200度。それをリーダーたちが会社員に伝えるとまた半分の100度。それでも社員が100度ならお客様に50度の熱意が伝わる。考えてみてほしい。トップが200度しかなければお客様には25度これではあまり熱くない。

そう語る感動経営の伝道師コンサルタント角田先生。ご自身のお話も掛け値なしに400度以上だった。講演はDVD講演を聞きながら目頭を抑える人もちらほら。(上映も交え暗くてよく見えなかったが結構いたようだ)

「それではさぞや暑苦しい話と思いきや・・・。」

ご本人は大声で話すわけでも、お涙頂戴の名調子でもない。きわめて涼やかに話す。しかし語っている内容(志)はでかい。

ふと、「ひょっとすると諸葛孔明という人もこんな涼しげな語り口だったのでは?」などと考えながら聞いていた。

涼やかな語りくちと対照的に感動経営の伝道師の成果はすごい。感動を経営に取り入れることにより今まで世界一企業を6社輩出した。うち4社が台湾企業。そして残りのうち1社が中国人の経営する日本企業。すなわち6社中実に5社が中華系企業という勘定になる。中国人は感動経営と相性がいい!?

情緒的な日本人以外は感動経営は取り入れられないのではと言う先入観があったのでこの話は新鮮だった。

「ということは香港でも感動経営は取り入れやすい!?」

のちにある人いわく。「台湾人は日本人的な情緒が通じる。歴史的背景から本土と教育が違ったせいかもしれない。一口に中国人といっても香港とも中国ともまったく違う」どうも中国人という大きなくくりでは語れないようだ。

今回の講義ではまず熱気を体感し、しかも事例紹介の映像の数々で視覚にも訴える。特に朝礼風景を撮ったビデオなどまさしく百聞は一見にしかず。果たして文章でこの心地良い摂氏400度のオアシスをどう表現したものか?

今回も議事録班泣かせ(?)の贅沢な1時間半だった。やはり和僑会はライブで聴くに限る。またしても速記録のスペシャリスト「拙速で候さん」の苦労が続く。

今回感動のグルメの話を聞き終わっての気づき。

「感動は人と人の触れ合いから生まれる。それは”一言の挨拶”から始まる」

「はっ」と気がついた。

そういえば緒方先生もにこやかに「ハロー」とエレベータに同乗した紳士に挨拶をしていた。

そうか!挨拶から会話が始まったんだ!」

「感動への第一歩はまず笑顔の挨拶から」人様を感動させると構えるととたん敷居が高くなるが笑顔の挨拶からなら今日からでもできる気がする。一人一人に心のこもった挨拶を心がけよう。

角田先生ありがとうございました。

(文責 和僑会 上野)

和僑会 臨時特別講演 2008年9月30日

テーマ:“感動経営”~新潟発、台湾経由、上海開花

講師:アジア太平洋ルネッサンス協会議長 角田識之

感動経営とは17年前に生まれた概念である。

今回の講演では

感動と経営は結びつくのか?

小が大に勝つマジック、

NO.1企業を生み出すマジック、

小さな投資で高い成果を上げるマジック

について話をする。

日本経済は戦後の高度成長、バブル経済を経て市場縮小型不況と言う第三ステージに立っている。人口は減少し2050年には1億人を切るとまで言われている。貧富の差も広がり、資源も奪い合いの様相となり高騰している。こう言う時期こそ竹のようなしっかりした節作りが必要となってくる。

事業活動を例えるならば柄杓(ひしゃく)で汲んだ水を桶に移す作業と言えるだろう。水は顧客で桶が会社、いくら水を移す作業をしても桶に穴が開いていて水が漏れたのでは何にもならない。ドラッカーも「事業とは顧客の創造である。」と言う言葉を残している。

ここで皆さんに質問です。ラーメン屋に電話で予約をしたところ「(席があるかは)そんなもん、来てみんと分からん。」とつっけんどんな態度を取られて電話を切られたとする。あなたならどうするか?ちょっと挙手してください。

それでも絶対に行く

二度と行かない

電話をもう一度掛けて文句を言う

店に直接行って文句を言う

店のガラスに石を投げる