第47回香港和僑会

第47回

スリーボンド香港有限公司 董事長 清水円輝氏

第47回香港和僑会

開催日

3月20日(金) 19:00 ~ 21:30

開催場所

日本人倶楽部

参加者数

30名

第47回香港和僑会

◇不可能を可能にする秘訣  

「自分は起業しているわけでもない。いわばサラリーマンの成れの果てのようなもの」 スリーボンド香港有限公司の清水董事長は、自分のことをそんな風に謙遜する。

しかし、アメリカ企業をはじめ外国企業を相手に大暴れ、今までアジアで立ち上げた拠点は実に50箇所を数えるという。桁外れの市場規模のアメリカの自動車産業に何とか自分たちの製品を採用してもらおうとアメリカ人の代理を立てずに単身に売り込みに奔走するなど、日本のサラリーマンとは全く考え方、そしてやることも違う。

「アメリカの自動車産業への最初の売込みは制限時間わずか15分のミーティングから。10年通ってようやくものにした。もし、これを自分で会社を興すところからやっていたらきっと途中でヘタっていただろう」とも。起業ならでの醍醐味もあるように、それとは全く違ったサラリーマンならでの醍醐味もある。清水社長は、まさにアメリカン・ビジネスならではのスケールをエンジョイしながら仕事人生を目いっぱい満喫しているように感じた。

ともすれば清水社長の場合は、やることなすことちょっと(かなり?)日本離れ。持ち前の豪快さと明るさが話の節々に感じられた。

この清水スタイルは一体どこで培われたのだろうか?

清水社長は学生時代、バイト料の高さに魅せられて地元九州で名所を案内する英語の観光ガイドをやった。

「そんな無茶な…」

この話を聞いて正直驚いた。

なにしろ、史跡の通訳はとびきり難しい。ずいぶん以前だが、商談のあと外国人を平泉の史跡に連れていってひどい目にあった。係りの人が親切に日本語で説明してくれるのだが「矢踏み」「鎧・兜」から始まって日常、英会話ではまず使わない単語のオンパレード。「ぜんぜん訳せない…」キョトンとする外人。以来、観光通訳ガイドはすっかり私のトラウマとなった。

まして、お金をいただくガイドなら話さないわけには行かないし、好き嫌いも言っていられない。友達ではないので下手なら文句も言われる。これを、いとも簡単に「出来る」と思い込むのは相当の心臓…、セルフイメージの高さのなせる業。

ふと最近、見たアカデミー賞受賞の映画『スラムドッグ$ミリオネアー』のワンシーンを思い出した。

『悪い奴らのもとから命からがら逃げ出してきた孤児の主人公。何のあてもなくインドのとある大都市の史跡の片隅にぼんやり突っ立っていると初老の外人観光客夫妻が声をかけてきた。「急いでいる。名所をだけパッと案内してくれないか」

(え、何でボクに?)

ふと振り返ると『観光ガイドやります』という立て札があった。どうやら知らずに観光ガイドの客待ちスポットに立っていたらしい。(この史跡について何も知らない)と思うより先に(チャンスだ。お金が稼げる♪)夢中で口からでまかせで観光地をまわった。ガイドブックとあまりにかけ離れた内容の説明に目を丸くして顔を見合わせる老夫婦。

これに味を占め観光ガイドで小金をためる主人公。この映画で主人公を突き動かしたのはハングリーさ。はたして清水社長の場合は…。

ひとついえることがある。「英語のガイドが出来るか?」「外国企業相手に自分の英語は通用するか?」というような(少なくても私だったら)答えをためらうような自問に対して清水社長は常に『出来る!』と自信を持って即答していたことではなかろうか。

『自分には出来るはずだ』というセルフイメージの高さがなければ何も始まらなかっただろう。そして、おそらく『アメリカの自動車会社は必ず製品を買ってくれる』という自信・想いがあったからこそ10年かけて市場を切り開けたのではなかろうか?

清水社長の持ち前の明るさや人なつっこさ、それに”泣きたくなるような経験”をしながらも「努力する者にはチャンスをくれるのがアメリカ社会」というようなポシティブなアメリカに対する見方、そんな清水社長の口から出てくる言葉は

「桁はずれの注文量」「価格破壊はアメリカから」「過剰品質を嫌う合理主義」

「経済危機、GMはじめ救済などの問題あるが、まだまだアメリカはすごい」など桁外れのアメリカの話。

「老後は毎日ステーキはきつい」といいながらアメリカへの強い愛着を感じるお話だった。

アジアで商売をしていると、とかくアジアや日本企業にばかりに目が行きがち。

正直、私自身も「アメリカは自分には無理、関係ない」と決めてかかっていた節がある。

自称アメリカ通は多いいが実際には商売をアメリカ人や代理店にまかせっきりの人が少なくない。本当のアメリカを肌で感じての奮戦気は海外ビジネスを営む我々に勇気を与えてくれる。同時に主に非常に勉強になった。

清水社長、ありがとうございました!

(ここまでの文責上野)  

==========================

『今こそビジネスパラダイム転換を!』-自動車産業を通じて見たアメリカの事例から

1980-98年アメリカ カリフォルニア州、オハイオ州に通算17年居た。アメリカ人相手のビジネスのやり方をお伝えしたい。香港で活躍されている方は日本相手の仕事が多いが「矛先を変えてアメリカに目を向けてはどうか?」といいたい。アメリカのマーケットはすごい。日本は品質神話があるが、そうでないマーケットがあることを知ってほしい。しかも、オーダーの桁がひとつ違う。本日は、私の経験を踏まえ米国エンジニアの考え方などもお伝えできればと思う。

◇アメリカとの出会い

私がどのようにしてアメリカと付き合うようになったかを最初に説明したい。

学生時代1日肉体労働をしても800-1,000円の時代、これが通訳だと1時間で1,000円もらえることを知った。「これはイイ」割の良さに引かれて別に英語が得意と言うわけでもなかったが観光ガイドのアルバイトをはじめた。恥を掻きながら続けたがそこで分かったことは「質問は誰も大体も同じである」と言うこと。1日に使うフレーズを200-300。必死になって覚えた。大学でもこのぐらい必死に勉強したらいい成績が残せたと思う。大学を出て三井系企業にプラントエンジニアとして入社した。月給が3万円の時代である。アメリカからバイヤーが某三井系総合商社のアテンドでやってきた。80億円のビジネスだったが、その商社マンは英語が苦手だったのか私が英語でバイヤーと直接話をしているのを横で苦々しそうな顔で見ていた。商社マンでもこの程度ならば英語は大丈夫と高をくくり、アメリカで活躍の出来る会社へと転職した。

学生時代の観光ガイド、社会人になってからのアメリカ人との商談で自信を持っていたのだが、実際に現地に行き、ネイティブのしゃべる英語の早さに鼻っ柱をくじかれた。

自動車の市場はでかい。たとえば、エンジンの生産規模は世界で4,500万~5,000万台ある。ヨーロッパ、アメリカ、アジアでそれぞれ1,500万台ずつあるスケールの大きいマーケットだ。

◇系列化が進んだ自動車業界

アメリカの自動車産業の発展を少しだけ紐解くと1900年代には104社あった自動車会社は1929年にはローリングトゥエンティズと呼ばれる淘汰を経て44社になり、1950年には8社に集約され、1980年には現在のBIG3+アメリカズモーターズの4社が生き残っていた。そして現在アメリカはビッグ3。ちなみにアメリカズモーターズは太平洋戦争後の進駐軍が乗り回していたジープを生産していた会社である。

車は軍需産業とともに発展した歴史がある。1980年代にアメリカズモーターズは中国にチェロキーと言うジープを輸出した。民間用だが、なぜか屋根にはすべて機関銃の銃座が据え付けられていた。

現在中国はまだ自動車メーカーが120社オートバイ会社も400社ある。将来合従連衡を繰り返しながら淘汰されていくと思われる。日本もかつては10大自動車企業があったが、次第に系列化が進んでいった。