第44回香港和僑会

第44回

金雁貿易公司 代表 張 書雁氏

第44回香港和僑会

開催日

12月19日(金) 19:00 ~ 21:30

開催場所

日本人倶楽部

参加者数

30名

第44回香港和僑会

◇千年に一度のチャンス

「100年に一度の危機到来」といわれる昨今。今まで生きてきた時代のさまざまな常識が音を立てて崩れていく。いったいこれから何を指針に生きればいいのか、この異国の地で?そもそも、いったい誰をメンターとして仰げばいいのか?100年以上ビジネス界で一流の現役の人など身近にいないし・・・。

「人はいずれ死ぬから仕方がないとは思うが、しかし…」

「まてよ。」

先人の知恵は言い伝えや書籍という形で立派に残っているではないか。

特に中国の古典的名言は何千年の時を単に生き抜いただけではなく、あの激動の時代に鍛え抜かれ、磨かれた名言揃い。特に我々のように日本を飛び出して海外・香港で起業などして活躍する人にとって必修の知識と言える。そういった意味でこれからを生き抜く指針としての『中国古典』のお話はぜひ聞きたかった。

しかし当日は女房の誕生日と重なりまたしても涙(?)の欠席。再び後悔先に立たず。

一年を締めくくる12月の今回は3本立ての豪華版。

1『在日15年の中国人女性が語る中国人から見た日本人』金雁貿易公司代表 張 書雁氏

2『私が学んだ中国古典』太陽商事 董事長 筒井 修氏

3『2009年マニュフェスト』同 筒井 修氏

張女史のお話も単に中国人からの日本人論という意味ばかりでなくもう一つ違った角度からの楽しみ方も。

それは

『中国人から見た中国人』という見方。「(中国人から見ても)アバウトな中国人をパーフェクトに変身させるのも教育次第」といった意見がフロアーから飛び出すなど異文化が共存共栄する和僑会という場ならではの盛り上がりも。(こちらもライブで見たかった)

そして3つ目は年末お約束の「マニュフェスト」。

「目標なくして成功はありえない」が口癖の筒井師匠の十八番(おはこ)である。「無理のたくさん目標を掲げなくても構わない。2、3つでもいい。むしろ、厳選された目標をひとつでも達成できれば10年で10個の目標が達成することになる」と。

我が身を振り返るとその年ごとの気分で何も目標を掲げない年もあれば欲張りすぎてたくさん掲げて計画倒れといった年も。確かに数が多ければいいというものではない。ひとつでもほんとに実現したい目標を達成すればその意味こそ大きい。はやり積み重ねが肝心。

今回でめでたいニュースも飛び出した。荻野会長、岩見香港柔道館長、若井節子社長らが和僑会の顧問になっていただけることとなったと師匠から報告が。

若井節子社長は言うまでもなく女性起業家の相談役にうってつけのかた(これでますます女性会員も増えるのでは?楽しみ、楽しみ♪)。

第26回 「大和魂!香港と日本の掛け橋になれ!」          

B&Wファーイースト 社長 若井 節子 氏↓

http://www.wa-kyo.com/report_wakyo_0026.html

岩見館長は昨年11月に柔道を通じて日本文化の普及に貢献したとして旭日双光賞という勲章を受章されたばかり。2月16日には香港柔道館で新年会が開かれる。さらに、ここで礼節についてのお話を頂けるとのこと。

第34回和僑会岩見館長ご講演の様子↓

http://www.wa-kyo.com/report_wakyo_0034.html

荻野会長は「私は新しい事業の数字は見ない。この事業はどうイノベーティブか?社会にどれだけ貢献できるか?といったことが関心事だ」というお考えの持ち主。師匠も舌を巻くスケールの大きい考え方で事業を多角的に展開されている。驚いたことに、兆多忙のその方曰く

「和僑会メンバーからの36通のメールを保管してある」と。

保管していることに驚くと同時に「三十何通」と数まで覚えているとこるが凄い。(と例によって妙なところで感心)

第31回 「香港ビジネス成功の秘訣」

フェニックス集団 会長 荻野 正明 氏

http://www.wa-kyo.com/report_wakyo_0031.html

第43回荻野会長ご講演の様子

http://www.wa-kyo.com/report_wakyo_0043.html

このようにさまざまな方々に和僑会に支えられて、2009年はさらに前進の年の予感を感じる12月の和僑会でした。

皆様、ありがとうございます。

千歳一隅(千年に一度のチャンス)激変の時代はまた卓越した人材を輩出した時代でもあった。新しい年が皆様にとってさらなる躍進の年でありますように!

(ここまでの文責 上野)

#################################################

第44回香港和僑会議事録

2008年12月19日

講師:

金雁貿易公司 代表 張 書雁氏

テーマ1『在日15年の中国人女性が語る中国人から見た日本人』

太陽商事 董事長 筒井 修氏

テーマ2『私が学んだ中国古典』

テーマ3『2009年マニュフェスト』

#################################################

テーマ1『在日15年の中国人女性が語る中国人から見た日本人』

金雁貿易公司 代表 張 書雁氏

自己紹介:北京出身の大陸育ち。24歳まで中国にいた。

河合塾で語学を学び結婚、愛知学院大学に通い卒業後ゲーム開発や通信販売の会社に就職したが、長続きしなかった。

15年前の名古屋だが閉鎖的な印象を持った。主婦で働く人も少数派だった。「変なチャイニーズ」と陰口を叩かれた事もあった。しかし、私はマイペースなので外に出て働いてよかったと