第60回香港和僑会


第60回

佐藤よし子氏

第60回香港和僑会

開催日

5月28日(金) 19:00 ~ 21:30

開催場所

日本人倶楽部

参加者数

30名

第60回香港和僑会

色鮮やかな花柄のワンピースに若草色のジャケット。

華やかな装いに優しい微笑みを浮かべた、本日の講師、佐藤よし子先生。

上品かつ和やかな雰囲気に包まれた先生より、初めに簡単な自己紹介があった。

22年前に立ち上げた「ザ・クイーンズ・フィニッシングスクール」。

よく「フィッシング(釣り)」や「スイミング(水泳)」のスクールに間違えられるが、“フィニッシングスクール”という名前は、18世紀にイギリスで始まった「最後の仕上げ(フィニッシュ)を学ぶための女性向けの学校」から来ている。

“そんなスクールを立ち上げるなんて思いもよらなかった”佐藤先生が、この学校を始めたきっかけは、雑誌「バンサンカン」で当時は珍しかった“英国記”について連載を始めたこと。その連載が好評を受けたため、サロンを始めたところ、100人、200人と多数の人が集まり、フィニッシングスクールを立ち上げるに至った。

また現在、甲南大学にて、海外に出る子女のために「海外に出るために知っておかなければならないマナー」について講義している。以前、アメリカの大学に留学した日本人学生のマナーに対し苦情が多く寄せられたため、佐藤先生に白羽の矢が立ち、大学の教壇に立つことになった。

続いて、マナーの歴史について。

マナーの発祥国は実はイタリア。16世紀にイタリアの名家のお嬢様がフランスに嫁いだことでマナーもフランスに、やがてはイギリスへと伝わり、トップクラスのマナーの国が入れ替わっていった。 16、17世紀にはイタリアの方がうるさかったマナーが、19世紀にはイギリスの方がより厳しいものに。

現在ヨーロッパでは、一定の階級以上のマナーは共通しており、マナーを見ればその人がどの階級に属しているのかが分かる。

例えば、紅茶の飲み方。

◆紅茶を飲むときのミルクの入れ方

【先にミルクを入れる】・・・・・労働者クラス

【後からミルクを入れる】・・・・上流クラス(日本人はこちらの入れ方が多い)

◆アフタヌーンティー or ハイティー の呼び方

【アフタヌーンティー】・・・・上流クラス

【ハイティー】・・・・・・・・・・・労働者クラス

ビジネスシーンでもマナーを見られている。

「日本の常識は世界の非常識」と言われるように、「武士道」を基本とする日本と「騎士道」を基本とする欧米では、基準が両極端のことが。日本人が普通だと思っていることが海外に出ると実はとんでもない事になってしまうケースがある。

日本にも日本のマナーがあるが、両方のマナーを知って使い分けると良い。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇国際ビジネスシーンで役立つマナー講座◇◇

【一流レストランでオーダーする飲み物】

   ○・・・ホワイトワイン、シェリー、シャンパン

   ×・・・ビール

ビールはカジュアルなお店でたしなむのが正しい。

【乾杯の仕方】

   ○・・・グラスとグラスをあてない。

   ×・・・グラスとグラスをあてて音を立てる。 

グラスをあてていいのは、女王陛下と敵国の王様のみ。

昔は銀のグラス同士を強くあてることで、毒が入っていないかを判定していた。

現在は女王陛下のパーティー等で、壇上の大使や総領事などはグラスをあててもOKとされている。

【グラスの持ち方】

   ○・・・足の部分を持つ。 

   ×・・・・カップの部分を持つ。

映画タイタニックのテーブルシーンでも、1等クラスのローズと3等クラスのジャックのグラスの持ち方に違いが出ていた。長いグラスはできるだけ下の方を持つのが上品とされる。

--------------------------------≪ビュッフェでのマナー≫-----------------------------------------------------------

ビュッフェは日本人が大好きだが、実は最もマナーがうるさい。

“ビュッフェ”と“バイキング”は別もの。

バイキング・・・・何でも自分の好きなものを好きな時に取ってOK。