第50回香港和僑会


第50回

香港貿易発展局日本首席代表 古田茂美氏

第50回香港和僑会

開催日

6月19日(金) 19:00 ~ 21:30

開催場所

日本人倶楽部

参加者数

30名

第50回香港和僑会

◇論語と兵法

「今日の講義は覚悟して聞いてください」

はて?冒頭から穏やかではない。普段から知恵熱モノの中味の濃い講義をする古田先生の話、一応覚悟は出来ているつもりだが今回はどうも今まで以上。何しろ1時間半弱の限らせた時間に普段なら数日分の講義を詰め込むつもりだという。テーマは「華人ネットワーク」、確かに1時間半で語るテーマとしては相当でかい。

言うや否や、いきなり早口で語りはじめた。数千年前の話をしていたかと、思えば今度は100年前へ、さまざまな時代に縦横無尽にタイムスリップ。これだけ時代を飛び回る話を聞いていると「100年に一度の危機」というもの『数千年で考えれば何十回も起こっていること。なんだそれほど騒ぐことでもないか』と不思議な気持ちにさせられてしまう。

古田先生の博士号取得のテーマが華人ネットワークという。これを語らせたら右に出るものなし。いつもの”知恵熱”ならぬ眩暈を覚えるような古田ワールドへと誘われた。

眩暈は覚えながらも…

超高速で時代を駆け抜けたおかげでかえって全体像の輪郭がぼんやりと見えた気がする。それと同時に更なる疑問や興味も沸き起こって来た。

中国人を理解するには四つの違った行動規範が融合していることをまず理解する必要があるという。

①中国共産党要因

②華人ネットワーク

③儒教

④中国兵法

中国人は自己人(身内)と外人(それ以外の人)との付き合い方(関係)は全く違う。身内には策略などの兵法はご法度。商売でも身内とそのほかでは平気で差別する。そのあたりは公平(フェアネス)を重んじる西洋的考え方とは大きく異なりしばしば我々日本人は右往左往させられる。

またどこのチャイナタウンにも必ずあるのが①林(墓)②廟③会館とも

聞きながら「そもそも別格の自己人(身内)とは?」新たな疑問がわきおこる。

◇自己人は何人?

類は友を呼ぶというのだろうか。先生がすごいと話を聞きに集まる人もこれまたすごい。聴講に駆けつけた華僑起業家の大御所バーナードさんに自称、古田先生の追っかけの女性が2次会でこれまた鋭い質問を投げかけた。

「あなたにとって本当の意味で自己人(いわゆる身内)は何人ぐらいいますか?」

大成功して70歳の誕生パーティに海の見える高級ゴルフ・クラブを借りきり100人以上の香港著名人を招いたというバーナードさん。このクラスになると身内も半端な数ではないはず。

しかし、その答えは非常に驚くべきものだった。

「10人ぐらいかな?」

(え?たった・・・)

人脈というと集めた名刺の数を自慢する勘違いした輩がいるが、このクラスでも本当の信頼のおける自己人はたったの10人ぐらいという。

その一言だけでも、ものすごいことを学んだ気がして考えさせられた。

仮に身内それぞれに10人の身内がいたとしてその身内にまた10人…。

興奮冷めやらぬうちに二次会もお開き。

帰りがけにエレベータから下りてきた古田先生に講義のときから気になってしょうがないことを聞いてみた。

「華僑は食うのに困って海外に行った人も多かったはず。なのにどこのチャイナタウンでも世界各地であたかも申し合わせたように林、会館、廟などがあるのはなぜ。華人は一体何をバイブルに華人ネットワークをかくも統一的に世界に構築できたのか?」と

古田老師(先生)答えて曰く

「簡単です。彼らの支えとなったのはもちろん論語です。それと兵法。和僑会のように海外で活躍する人たちこそ論語の素読をすべきと思います」

なるほど。海外ネットワーク構築のバイブルは「論語と算盤」ならぬ「論語と兵法」。

古田先生ありがとうございました。

(ここまでの文責 上野)

==================

講演テーマ: 『4つのパラダイムで解く中華企業行動』

これまでアメリカにあった地力がアジアに移行する動きが更に顕著になってきた。福岡和僑会が近々九州和僑会へと発展するとのことだが、時宜に叶っていると思う。

政治にしても経済にしても重心はアジアに移りつつある。日本はそれに対応する動きが非常に鈍いように感じられる。この動きは香港にいるからこそより実感できる。香港は単に情報収集に便利と言うだけではない。情報を編集する能力にも長(た)けている。