第70回香港和僑会


第70回

赤間直樹氏、大堀かおり氏

第70回香港和僑会

開催日

5月27日(金) 19:00 ~ 21:30

開催場所

日本人倶楽部

参加者数

30名

第70回香港和僑会

◆1.『成功する自社ブランド商品企画』

 アンテプリマリミテッド 赤間直樹様

 私は以前22年間、日系繊維商社に勤務し、各種欧州ブランドを

日本に輸入しておりました。2005年ミラノ駐在時、荻野氏と知り

合い、2008年にアンテプリマに入社し、現在COOとして働いており

ます。

 アンテプリマは1993年設立され、18年の歴史があります。その当時

アンテプリマが属するフェニックスグループで日本

を除くアジア地域の「PRADA」の販売権も持っておりました。

ペニンシュラホテルでは年商30億円の売上を達成した事もあります。

常時好調というわけではなく、アジア地域での「PRADA」の販売が

好調であった頃、PRADA社より販売権返還の要請あり、交渉の結果、

アンテプリマの製品生産をPRADA社に委託するという条件で返還する

事にしました。

ブランドを立ち上げてすぐにパリ、ミラノに店舗を開設、トップデザイナー

を雇って広告を出したりしましたが、思ったように売れ行き伸びず、

3~4年でパリ、ミラノ店を閉鎖した事があります。

1998年に眼鏡バンドに使うPVC素材を使ったワイヤーバッグを開発。

社内でも「こんなものが売れるのか」という意見が多かったですが、

とりあえず30個だけ伊勢丹にテストマーケティングとして出品したら

二日で完売し、バカ売れとなり、現在までアンテプリマの基幹商品となって

おります。

 その後、PRADA社社から委託生産も断られ、それを機会に本社をイタリアに

移し自社でイタリア生産に乗り出した時期もありましたが、商習慣の違いから

成功には至らず、再度香港に本社を戻した経緯もあります。

現在は世界11ケ国に100店舗開設、年商100億円という状況に至っております。

◇会社の方針としましては下記の3点があります。

1)ブランドの強化を図り、意識の共有化を図る。

=>ユニークな商品を持ち、それにフォーカスし、かつ継続させる。

 常にクリエイティビティ、積極性を持つ社内風土を維持する。 

 トレンドに乗らず、自社の強みにフォーカスし、目移りせずに

 一貫した商品展開を図る。

2)新規マーケットへの拡販を図る。

=>台湾、韓国、インドネシア、羽田空港、成田空港に出展済み。

 今後USA,BRICS等への展開を計画中。

3)基幹商品であるワイヤーバッグを中心に色々コラボレーションを

 図り、新たな可能性を拡大する。

=>2年前、ハローキティと提携し、ハローキティーワイヤーバッグを

 制作。一個30万円したが、中国で800個も売れた。

 Francfrancとのコラボ検討中。鹿の壁掛けライト、ブタの形をしたワイヤーバッグ等も商品化検討中。

===========================================================

◆2.『facebookのビジネス活用法』

 Focus Imaging Ltd 大堀かおり様

私は仙台出身。仙台の大学を卒業。モンゴルに一年留学した際に

日本のブランドの良さを再認識しました。現地