第69回香港和僑会


第69回

日本人倶楽部

第69回香港和僑会

開催日

4月29日(金) 19:00 ~ 21:30

開催場所

日本人倶楽部

参加者数

30名

第69回香港和僑会

◇時間: 【講演会】19:00~20:30 【懇親会】20:30~22:00

【第一部】(情報共有) 「黙とう」より

被災地ご出身の方々の取組・ニーズについて

(岩手県陸前高田市出身 山口正一氏 岩手県宮古市出身 下脇祐一氏)

被災地で活動される支援者の方々の取組みについて

(日本元気塾主宰 加藤秀視氏)

被災地に向けての在外の支援者の方々の取り組みについて

(香港和僑会 事務局 米山健一氏)

香港の支援の動き、日本の政策について

(在日本国総領事館 高田真里氏)

【第二部】(質疑、意見交換)

それぞれの取組みの情報共有や、特に長期で必要な取組み

          (特に日本の企業と在外の企業のタイアップの促進など)

上記4氏に加えて

香港柔道館 館長 ・東洋警備有限公司 代表取締役 岩見 武夫氏

B&Wファーイースト社長 若井 節子氏

    21:30 懇親会

(和僑会会員経営の日本食レストラン「魚八水産」で香港の日本食産業の状況をヒヤリングしつつ)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【第1部】

最初に司会の堀氏のご挨拶の後、黙祷から始りました。

その後、山口氏からのお話。

岩手県陸前高田市の被害状況。

山口氏の被害前の自宅の写真と被害後の自宅の写真。

差が歴然としている。無残な状況。

気仙沼小学、中学は山口氏の父の避難指示で全員無事だった。

大船渡の避難所の様子は布団がひいてあるだけで一刻も早く仮設住宅が必要である。

このような悲惨な状況を見て山口氏も中国から香港から何かできないか?と

そういうなかで今回香港和僑会にて皆さまへお話をすることにしました。

中国の工場のワーカーも残業代を削ったり

食事代を削ったりして義援金を提供いただいたそうです。

今必要な支援物資はおむつ・米・ミネラルウオーター・レトルト食品。

■下脇氏:岩手県宮古市出身

4月6日に宮古に帰省。

海岸の方に行くと写真を撮る気にもならないほど衝撃。

自宅に戻りすごい状況に衝撃。

実家は高台にあり無事。

父の飲食店は1,4m浸水で大きな被害。

両親もお店の片づけで相当疲労。

戻る家があるだけ、まだましだった。

避難所に行っても人けがない。

夜になると皆さん戻ってきてそこで過ごされている。

これは避難所だとプライバシーがないので昼間は外にいる。

段ボールだけの仕切り。

プラスティックの仕切りなどがあったほうが良いと思った。

■ジャパン元気塾:日本の若者再生を手がける加藤氏

加藤氏の救援物資の様子の映像を見る。

加藤氏からのメッセージを堀氏が朗読。

原発付近の地域では物資がまだまだ必要

今でも4トン分の食糧をいわき市に届け続けています。

■米山氏

香港から救援物資ボランティア

被災2日後からスタート