第68回香港和僑会


第68回

ソクネット・プランニング 小田 俊輔氏

第68回香港和僑会

開催日

3月25日(金) 19:00 ~ 21:30

開催場所

日本人倶楽部

参加者数

30名

第68回香港和僑会

第1部 小田様からのご講演

<ソクネットの会社案内>

ホームページ http://www.soknet.com.hk/

96年11月 香港でのベンチャーとして設立。

インターネット創生期だったので香港にある日系会社の現地法人などからホームページやシステムなどの依頼が舞い込む。ネットワーク、サーバーなどのインフラではなく、それらが整ったうえでの、WEBシステム、などを提供している。

<インターネット創生記から現在まで>

アメリカの軍事システム「ARPANET」開発から始まり、大学・学術用途での展開を経て、共通言語HTTPの普及により世界中誰でもが使えるようになった。

<何のためにホームページを持つか>

ホームページを作成する際、クライアントの強み・弱みを聞いて、狙いを定めて盛り込んでいく。

・会社情報の公開

・商品・サービスの紹介

・商品・サービスの販売 (例 楽天などのネットショップ。決済方法の普及)

・情報発信・情報交換の場(例 the香港 http://db.soknet.com.hk/thehk2000/index.aspx )

・情報吸い上げ・管理用サイト(例 東京ビッグサイト。 社内の情報管理システムにも)

・マーケティング情報吸い上げ 

(例 サントリーの例。性格判断を提供するWEBで、実はアクセスを集めて有用なアンケートに。

   これからも有望な方法)

・求人情報公開など

<目的別の活用法>

ターゲットを明確に定め、狙い撃ちすること!

・名刺・会社パンフ代わり

・商品紹介の説明用カタログとして

・取り扱い業者の開拓用ツールとして

・一押し商品等のお知らせ (メルマガなどと併用してタイムリーな販促)

・お客様の囲い込み・リピーターの獲得 (ロイヤルカスタマーの創出)

・実店舗での販売戦略策定データ収集 (インターネットで集めた情報を実店舗に活かす)

<どう育てるか>

ホームページを立ち上げる以上に どうやってきてもらうかが大切。

愛情を持って子供のように育てること!

・更新頻度を上げて常に新しい情報を。

・ビジュアルで訴える表現 (楽天などの販売ページ)

・キャッチフレーズの設定

・メールマガジンの活用

・アンケート、プレゼントなどのイベント開催 

(JUSCO HKのラッキードローは数十万アクセスを集めることに成功)

<よくある間違い>

これらは全て間違い。

効果を求めるのであれば正しい認識と適正コストでホームページ運営に当たるべし。

× ホームページを開設すれば、徐々にアクセスが増える。

× アクセスが増えればショップの売り上げも上がる。

× ネット販売は、初期投資も維持費もそれほどかからない。

× 開設するまでは大変だが、その後の労力はそれほどでもない。

× 最初は作ってもらったが後は自分でも修正ができる。

× ホームページビルダーがあれば誰でも作れる。

最近はブログの仕組みを利用して効果的な自作が可能。

Google Analyticsを使い効果分析できめ細かい工夫ができる。

<陥りやすい落とし穴>

・ドメイン名は自分で申請して管理すること 

(中間業者を挟むといざという時に自分で管理できなくなる恐れがある)

(ツールとして、 www.who.is でドメインの申請者をサーチが可能)

・DNS設定を把握すること。