第64回香港和僑会


第64回

有限会社がんばれ社長 代表取締役 武沢信行

第64回香港和僑会

開催日

10月15日(金) 19:00 ~ 21:30

開催場所

日本人倶楽部

参加者数

30名

第64回香港和僑会

和僑会設立6周年記念講演会

テーマ:『夢を実現する和僑の経営』

講師:有限会社がんばれ社長 代表取締役:武沢信行(香港和僑会顧問)

マニュフェストを作る

・経営者としてはWISHリストからマニュフェストを作る。マニュフェストには次の3つを含める。

1:経営理念の確立

2;経営方針

3:経営計画

上記3つの準備にWishリストを活用する。

・経営理念がある会社もあるし、ない会社もある。ぶれない経営理念をつくる。経営理念に目覚めると社長が変わり、社員が変わり、会社が変わる。それが商品に反映され、売り方を買え、お客さんから視れば他にはない個性的な会社に見えるようになる。

・理念を作ったら理念色に会社を塗り替える。それには3~5年かかる。これが課題になる。会議はこうしないと理念に反映されない、売り方をこうしないと理念に反映されない。それを箇条書きにする、箇条書きしたものを経営方針という。

・経営方針を期限付きにして担当者も含めて決めたもが経営計画になる。

・また、顧客をつくらなければ売り上げが上がらないので、顧客創造計画を作る。

日本も中小企業の社会を作る方向になる

・今までは大企業中心。中小企業中心の世の中を作らないと日本は駄目になる。海外進出も必要。

・中小企業家の中心は女性企業家の支援だとAPECでうたわれた。これが政策として今後出てくる。

・その内容は『中小企業憲章』にある。

経営理念の書き方

・マンダラのど真ん中に経営理念を書く。下記の質問内容に答えると自然と経営理念が書ける。

1:私は何のために今の会社を経営しているか?

2:将来どのような会社にしたいか?

3:好きな会社理想とする会社を書いてください。(組織でも良い)

4:どんな社員と一緒に仕事をしたいか?

5:どのようなお客が当社の主力ターゲットか?誰を喜ばせたいか?狭く定義する

6;その主力ターゲットにどんな貢献が出きるか?

7:地域社会あるいはステイクホルダーとどのような関係を作るか?ステイクホルダーとは利害関係のある人(株主・会計士等)

8:好きな言葉信条名言座右の銘を書く

・最初は経営理念らしきものが出きる。らしきものものでもこれを確定してやる。違和感あったらすぐ変える。ひやかされても変える。毎月変えてもよい。それを続けていると確定したものが最終的に出来あがる。

筒井会長との出会い

・名古屋のヒルトンホテルで知人に紹介された。帰りにタクシーが一緒になり、メルマガの話になった。2万人の読者がいる。それは年間それとも月間かと聞かれ毎日と答え驚かれた。翌週アポをとって2人であった。

・その時、中小企業者がアジアを勉強してアジアのチャンスが自分のチャンスになると聞いた。

・筒井会長との出会いの翌年に和僑会が始まり、第3回目の講師をした。その時参加の若い人はすごかった。また我が地区でもやりたいという人が増え、現在20箇所に和僑会がある。想定5000人の会員数。NHKや朝日新聞にも取り上げられるまでになる。

テーマ:『夢を実現する和僑の経営』

講師:有限会社がんばれ社長代表取締役 武沢信行

WISHを持つ

・私達に必要なのは経営者のマインドを高めること。マインドが冷え切っている。マインドを暖めるにはWISHをもつこと。

・自分のWISHをやるには、まず人を喜ばせるのが必要である。それが出来るとWISHのほうから追いかけてきてくれる。

・WISHには5種類ある

1:本能の満足

2:感情の満足

3:感覚の満足

4:理性の満足