第106回定例会

第106回

剣豪集団株式会社 取締役会長 鄭 剣豪氏

開催日

6月13日(金) 19:00 ~ 21:30

開催場所

香港日本人倶楽部「松の間」 

参加者数

39名

「JAPAN+CHINA 世界最強タッグ 日中パートナーシップの未来」

経済的なつながりを深めつつも政治的な問題を抱える日中間。日中交流の歴史、両国が置かれている環境を踏まえ、大局的見地から両国民はどうあるべきなのか。鄭剣豪氏が日中の懸け橋としてこれから何をしようとしているのか、熱く語って頂いた。

日中関係は何故、危うくなってきたのか? それは中国は経済力をつけ、現状を変えようとしており、日本は民主党政権時、自民党政権がした約束を破った為、友好関係が崩れた。では、どうすれば良いのか?

1. 大局で見る。

2国間で考えず、世界的視野でどうあるべきかを考える。

経済大国のN0.2とNo.3が争うと周辺国、世界に迷惑である。

2. 経済面で手を組む。

経済面ではすでに切っても切れない関係である。

両国が経済面で手を組めば、世界最強となる可能性がある。

3. 後から続く世代に任せる。

過去の悲しい事実を美化するか、悪用するか?

「価値観の多様性」を認める。