第115回定例会

第115回

香港和僑会 会長 荻野 正明 

開催日

3月16日(月) 19:00 ~ 21:30

開催場所

香港和僑会オフィス http://www.wa-kyo.org/contact

参加者数

39名

「2014年度年次総会」

1.報告事項

① 入会状況報告

2014年 度は悲願の3桁 を達成し、119名 となる。

会員数: 継続会員76名、新規会員43名 (合計119名)

男女比: 男性 84名(70.6%)  女性 35名(29.4%) 

居住区: 香港 102名、日本 11名、その他 6名

業種 : サービス 89名、製造 30名

② 2014年度の活動実績報告

定例会を12回、分科会及びy.n.clubを8回、起業塾を6回、起業・経営相談 室を延べ人数で51名、その他のイベントとして約20回、合計100回近い活動を実施。

③ 2014年度の収支経過報告

現時点で2014年度の経常収益は入 会金及び年会費HKD242,000、 寄付金HKD 9,967、 定例会や分科会などの事業収益HKD 149,996、

和橋世界大会の収益やその他HKD711,946、 経常収益計としてHKD 1,113,910。 次に経常費用は定 例会・分科会費用HKD 150,518、

人件費・オフィス家賃・管理費・内装費・プロフェッショナル 費・世界大会費・そ の他事務雑費 HKD2,803,751、 経常費用計としてHKD 2,954,270、

当期正味財産増減額HKD △1,840,360、 前期繰越正味財産額HKD 256,432、 次期繰越正味財産額としてHKD △1,583,928を 予想している。

収支はマイナスであるが、資金量としては支援に よりプラスは保持できている。

④ 2015年度の活動予算

2015年 度の経常収益は入 会金及び年会費HKD 510,000、 寄付金HKD 9,967、 定例会や分科会などの事業収益HKD 384,400、

経常収益計としてHKD 894,400。 次に経常費用は定例会・分科会費用HKD149,500、 人件費・オフィス 家賃・管理費・内装費・プロフェッショナル費・その他事務雑費HKD 1,404,092、 経常費用計としてHKD 1,553,592、 当期正味財産増減額HKD △659,190を 予想している。

補足説明として2014年のプロフェッショ ナル費が高く、2015年の予算は少ない理由は日本及び香港・中国以外の地域で和僑会 の商標登録を申請 した為。

また、2014年度の繰越金がマイ ナスの金額となっているが、実際は荻野会長から約HKD 2,000,000の 借り入れをしている為、銀行口座には現金がある。

質問: 配布された資料には借り入れ金が掲載されていません が、どうしてでしょうか。

回答: 資料は貸借対照表ではなく、損益計算書である為、借り 入れ金について掲載する項目がない為となる。

2.議事

第一号案: 2015年度の入会金・年会 費について

現在の損益状態を踏まえ、どうすれば香港和僑会として自立出来 るのかを理事会に て協議した内容を提案。

【会費】

<カテゴリー >    <現状>  < 改定>    単位HK$

『入会金』

個人     1,000  → 1,500

家族   -  → 1,500(二人目以降は1,000)

法人   -  → 3,000

『年会費』

個人  2,000  → 3,000

家族   -  → 3,000(二人目以降は2,000)

法人    -  → 5,000