第125回定例会

第125回

楊さちこ氏(南京中医薬大学・中医美容学教授・中医学博士)

開催日

1月19日(火) 19:00 ~ 21:30

開催場所

香港和僑会オフィス

参加者数

33名

「中医学のある生活 男女兼用 今日からできる温め術 一緒に実践編」

今回は南京中医薬大学・中医美容学教授の楊さちこ先生をお迎えし、「~中医学のある生活~ 男女兼用今日から出来る“温め術” (一緒に実践編)」と題して、今日から始めることができる実践的なメソッドを豊富に交えながらご講演いただきました。

はじめに

中医学と西洋医学の違いを知っていますか?

西洋医学というのは、対処療法(病気になってしまった後に治療するもの)

中医学というのは、病気にならないようにするためのもの(未病の考えに基づいたもの)

皆さんはお若いですか? ・・・人は老化したくないもの

中国最古の医学書『黄帝内経』には、「女性は7の倍数」「男性は8の倍数」の年齢の時に節目を迎え、体に変化が訪れるという記述があります。

男性は40歳、女性は35歳が一番ピークを迎え 女性の場合、49歳以後は黄帝内経に載っていません。

一方現代では、人間は120歳まで生きられるといわれています。

健康寿命(自分の目で見て、自分の足で歩く)120歳まで元気でいるにはどうすればいいのでしょうか?

ここからが本日のテーマとなりますが、

「皆さん、最近老化を感じませんか?」

「体温はいかがですか?」

希望健康体温は37度 最低36.5度が望ましいといわれていますが最近は低体温の方も増えています。36度台の人は食べても太らないのに、低体温だと水飲んでも太ってしまうことも。

それは、体が巡っているか、巡っていないか。に関わっています。

巡りを妨げるもの=老化の原因

体が「冷える」と「固まる」 体の「水不足」でも「固まる」

これらが巡りを妨げるもの。

逆に言えば、「暖かく」「みずみずしく」いればアンチエイジング(抗老化)に。

■メソッド:「みずみずしく」いるためのアンチエイジングな水分補給の仕方

水を飲むタイミング乾く前に飲む

のどが渇くということは、体の中の水分が減っていてのどが渇く。

のどが渇くまで我慢せず、補充していれば体の水分が逃げない。

冷えはどこから来るの?

冷えにより、血の巡りが悪くなり、水の巡りが悪くなり、気の巡りが悪くなり、それらが原因で更年期障害を引き起こすことにも。

自分チェックポイント:「おなかが冷たい?」「手が冷たい?」「足が冷たい?」

当てはまる方はなぜ冷たいのかを考えてみましょう。

☑冷たいものが好きではありませんか?

乾杯アワー、お風呂上りのビールが一番NG(体が温まってやわらかいときに中から冷たいものを取らない)

☑服装は大丈夫ですか?

30過ぎたら肩出すな、40過ぎたらひじ出すな、50過ぎたら手首まで。

関節を冷やしてはならない。骨から冷えるのはダメ 

☑裸足(生足)ではありませんか?

生足の方は、要注意。 はやく(頭髪が)薄くなったり、しわが増えたりします。

■メソッド:巡りをよくするためのアンチエイジングな足マッサージの仕方

自分の手は自分の骨格サイズに最適なサイズです。自分の手を使って簡単にできるマッサージ方法です。

くるぶしの下は内臓の反射区。人差し指を曲げた状態でくるぶしのあたりをマッサージ。痛い