第30回香港和僑会


第30回

リースキン香港社長常盤 ゆかり 氏

第30回香港和僑会

開催日

10月1日(月) 19:00 ~ 21:30

開催場所

日本人倶楽部

参加者数

40名

第30回香港和僑会

さて困った。どんな人か全く想像できない。

今回は香港で屈指の大成功をした日本人女性起業家、“あの”常盤ゆかり先生。

以下のほかに紹介記事も多数ある。

http://news.nna.jp/free/interview/gunzou/gunzou27.html

http://nna.asia.ne.jp/free/interview/zaikaidokuritu/zaikaidokuritu12.html

お目にかかるのは今回がはじめて。

会う前から楽しみで事前に紹介記事を読んで 人物像の輪郭を掴んでおこうとした。

しかし記事を読めば読むほど人物像が浮かんでこない。

そもそも「気品」「上品」これらの言葉と起業家として行動し歩んできた足跡とのギャップからしてとても大きく、頭の中でうまく結びつかない。

◇絵になる人、しかし…

果たして当日。

「あれ、着物で…。いや、そうではないか」

着こなしからして違った。着物の“絞り”をたくみに取り入れた洋服をお召しになり登場。絞り独特の明るい色合いの花柄をあしらっている。

「おしゃれをするのは人様を喜ばすため」

誰かの本に確かそんな一説があった。 このお洒落なら日本人ばかりでなく外国人も喜ぶ。

講演の前のひととき、和僑会の師匠こと筒井会長ほか一部事務局メンバーとしばしご歓談。

「確かに上品」事前に読んだ資料からやんごとなきお方≒(イコール)近寄りがたく、ある意味でとっつき難い人を勝手に想像していたが極めて気さくで謙虚。もっとも発するオーラが普通の人とは違う。なんと形容したらいいのやら。淑女にカワイイもしっくりしないし…。

あえて表現するなら「絵になる人」と言うのがお会いしてすぐの印象。

しかし同時に戦歴(?)から連想する「凄腕」「戦うときは徹底的に戦う」様な人にはとても見えない。

会ってすぐ感じた印象とのこのギャップ。 自分自身の中で咀嚼することができるだろうか?

「今回の議事録も難しい。果たしてうまく雰囲気をお伝えすることができるだろうか」期待とともに不安な気持ちになった。

聴講者は50名を超え、予備椅子が足りなくなるのではと心配するほどの盛況ぶり。今回初めての参加者も多い。また若い女性客が目立ち、いつになく華やいだ雰囲気に。折りしも和僑会第30回を記念するのにふさわしい講演となった。

開口一番「シンガポールとルーマニアに行って参りました。ルーマニアの不動産は今、非常に魅力が…」

「え?ルーマニア…の…不動産???」

出だしから常人(?)の守備範囲をはるかに外れた話がポンポンと飛び出す。

事前の事務局、歓談でも常盤先生が「和僑会のような起業の相談ができる集まりは本当に素晴らしい。これから起業される人は本当に恵まれている」とお褒めいただいた。

それを聞いて「和僑会ではいろいろなバックグラウンドの人が集まり互いに助け合い…」と満面の笑みを浮かべる師匠。

常盤先生の香港起業当初は相談相手もまったくなし。苦労の連続だったようだ。なにしろ30年以上前の話である。当時はそもそも日本人も今ほど多くはなかった。その苦労話に入る前に常盤ゆかり先生の生い立ちを少し。

950年続く鎌倉の旧家の父と医学の道を志しながら大恋愛の末医者への道を断念した母というご両親。

名門旧家に嫁いだ先進的女性。さながらテレビの連続ドラマのような設定である。当然ご本人もお嬢様。その母親を「勇気」「賢い」と非常に尊敬している。 しかし同時に「自分は家庭にだけは入りたくない」と母親を見て心に決めた。

「語学は大切」と思ってのミッションスクールでの勉強が役立った。「英語が堪能な変わった子」ということで就職すると引っ張りだこ。富士銀行、1974年には日航開発の秘書課、そうかと思うと(後にオランダ商工会議所の会頭を勤めることとなる)大物オランダ人貿易商のデーカー氏の個人秘書などを経験。

「松下幸之助氏や森田昭夫さんなども良くオフィスにお見えになった」と言う環境だった。

旧家の常としてお見合い話が続々「とにかくお見合い結婚は馴染めない」このままでは結婚させられる。何とか逃げる方法はないか?と悩んでいたところに職場で香港赴任の話があり飛びついた。

当時から香港は男女同権の雰囲気が。たちまち気に入った。しかし、いくら才女といってもいきなり60名の部下を待つ身になるなど戸惑いの連続。

聞いていて思わず笑ったオフィス時代の頂戴したニックネームは、なんと

『お掃除屋さん』

しつけのせいか、オフィスでごみなどが落ちていると自分で拾って回る癖が抜けない。日本ではさほど変わったことではないが、香港では「オフィスのお掃除はアマがやるもの」

現地のスタッフには非常に変わり者に見られた。

おもしろいと思ったのは奇しくもその後、お掃除事業で大成功のきっかけを掴んだこと。