top of page

【開催報告】12月20日(火)オンライン特別講演会「習近平政権3期目の課題/半導体不足の中でオープンソースを背景に高度化する深センの製造業」


この度、当会主催のオンライン特別講演会と致しまして、12月20日(火)香港時間19時=日本時間20時より、中国専門ジャーナリストとして活躍される高口康太氏より「習近平政権3期目の課題」というタイトルで、日中の技術愛好者とのコミュニティ「ニコ技深センコミュニティ」の共同発起人である高須正和氏より「半導体不足の中でオープンソースを背景に高度化する深センの製造業」というタイトルで、それぞれご講演頂きました。中国関連ビジネスに関わるメンバーにとって、今後の指針やビジネスのヒントとなる話を聞けて、とても有意義でした。


【講演第1部】

講演者:高口康太(たかぐちこうた)

講演タイトル:習近平政権3期目の課題

講演概要:今年秋の中国共産党党大会で誕生した第3期習近平政権だが、新型コロナウイルスの流行、不動産市場の動揺という難題を抱えてのスタートとなる。慣例とは異なる“組閣”を行った習近平新体制の狙いと懸念を分析する。

講演者プロフィール:1976年生まれ。ジャーナリスト、千葉大学客員准教授。二度の中国留学を経て、中国を専門とする取材執筆活動に従事。経済、企業、社会、在日中国人社会など幅広く取材し、「ニューズウィーク日本版」「週刊東洋経済」「Wedge」など各誌に寄稿。著書に「なぜ、習近平は激怒したのか、人気漫画家が亡命した理由」(祥伝社)、「現代中国経営者列伝」(星海社新書)、「中国“コロナ封じ“の虚実」(中公新書ラクレ)、「幸福な監視国家・中国」(梶谷懐との共著、NHK出版新書)など


【講演第2部】

講演者:高須正和(たかすまさかず)

講演タイトル:半導体不足の中で、オープンソースを背景に高度化する深センの製造業

講演概要:かつてのアメリカで日本車が「貧乏人のポルシェ」「貧乏人のBMW」などのような呼ばれ方をしたが、今では日本の自動車産業は、コピーでない独自の産業として巣立っている。いくつかのAndroid機はiPhoneをベンチマークして作られたものだが、今の深センのスマホメーカーも独自の産業として成り立っている。こうした産業の源流は2000年代からのニセモノ携帯「山寨手机」から始まり、当時の部品は日本や台湾などの半導体を使っていた。今でも深センでは、安いニセAirPodsイヤホンなど、あいかわらず、出所の不明な部品やマーケティング経路で売りさばかれている、いわば“昔ながらの”ニセモノが販売されているが、中身の部品はほぼ中国製で賄えるようになっている。山寨手机をもたらしたのは、台湾MediaTekのチップ製品だったが、今回の低価格TWSを実現しているイノベーションは中国の半導体産業がもたらしたものだ。中国の半導体産業は日本の製造業と大きく異なる、系列の影響が少ないオープンな商習慣のもと、発展を続けている。

講演者プロフィール:IoT開発ツールの開発/販売をしている株式会社スイッチサイエンスのGlobal Business Developmentとして、中国深センをベースに世界の様々なメイカー向けイベントに参加し、パートナーを開拓している。日中の技術愛好者とのコミュニティ「ニコ技深センコミュニティ」の共同発起人。同コミュニティは「深センのイノベーション環境について、英語圏含めてもっとも充実した情報(野村総研総合研究所)」と評価されている。開源社(中国オープンソースアライアンス)唯一