【開催報告】10月13日(木)日本秋祭in香港認定イベント第195回香港和僑会定例会「第12回香港和僑会恒例落語会」

「日本秋祭in香港」とは、香港において毎年10月から11月を中心に、映画、講演、芸術・工芸、スポーツ、飲食キャンペーン等の日本関連イベントを集中的に行う催しです。 2016年に開始され、今年で7回目の開催となりますが、日本の文化やモノ・サービスを積極的に受け入れてくれる香港に感謝の意を表明し、日本の魅力をもっと知り、楽しむ機会を提供することが開催の趣旨です。


当会も「日本秋祭in香港」の実行委員をしており、今年も在留邦人および香港の日本ファンの皆様のために、吉本興業の地域活性化プロジェクト「住みます芸人」の「秋田県お笑い大使」として、TV、ラジオ、CMなど多方面で活躍され、現在は東京を拠点に日本各地で落語会に出演されている桂三若さんよりライブ中継形式でご講演頂きました。


会場は最初から最後まで沢山の笑いで包まれ、オンライン参加の皆様にも画面越しから拍手で応援して頂き、とても和やかで楽しい秋祭りイベントとなりました。来年こそは桂三若さんの講演が香港現地で聞けることを今から楽しみにしております。


【講演者プロフィール】

桂三若(かつらさんじゃく)

桂三枝(かつらさんし)=現六代目桂文枝(かつらぶんし)に弟子入り。桂三若を命名。吉本興業の地域活性化プロジェクト「住みます芸人」の秋田県住みます芸人として活動し、「秋田県お笑い大使」として、TV、ラジオ、CMなど多方面に活躍。その高座は「現代的センスを持ったスマートで華のある芸人」として高評価を受けている。現在は東京を拠点に日本各地で落語会に出演するほか、香港では2013年より桂三若落語会が恒例化するなど、国境を超えて落語文化を発信中。






最新記事