【10月16日(金)オンライン開催】第173回香港和僑会定例会「教育と人材」開催報告

【10月16日(金)オンライン開催】第173回香港和僑会定例会「教育と人材」開催報告 執筆:香港和僑会事務局 10月の定例会もオンライン開催となりましたが、今回の定例会では「教育と人材」をテーマに、関連業務に従事する以下の会員に登壇して頂きました。 【会員プロフィール1】 高橋正浩(たかはしまさひろ) 大学卒業後、日系メーカーに入社、海外営業課に所属。東南アジア・アメリカなどを担当し、在籍3年間で社長賞を2回受賞。2001年に日系メーカーの香港支社に転職、マーケティング部門、日系営業部門を担当。2008年より約10年間、香港和僑会の専任者として従事。在職中のイベント開催数500回以上、面会者9,000名以上。2018年9月よりe-Job Agency Limitedの代表として活動中。香港在住約20年で培ったネットワークを武器に、幅広く活躍。 【会員プロフィール2】 澤村重基(さわむらしげき) 2002年香港島にepis Education Centreを設立し、在香港住日本人子女の小中学生・高校生を対象とする教育サポート事業を開始。両親のどちらかが外国人であるお子さんも多く通塾し、ダイバーシティ溢れる教室となっている。その後、九龍地区、豪州(シドニー・メルボルン・ブリスベン)、中国本土(深セン・蘇州)、インド(グルガオン)に教室展開。2011年には香港日本人補習授業校設立を支援し、その後も現在に至るまでパートナー校として運営に携わっている。 【会員プロフィール3】 石見康雄(いしみやすお) 40年余り國際NGOオイスカに所属して国際協力活動に携わってきました。1999年から香

【10月7日(水)オンライン講演会】「『一帯一路』と『大湾区』~香港を取り巻く広域経済圏の未来と香港貿易発展局の支援活動」開催報告

執筆:香港和僑会事務局 10月7日(水)香港時間19時(日本時間20時)より当会主催のオンライン講演会と致しまして、香港貿易発展局東京事務所長の伊東正裕氏より「『一帯一路』と『大湾区』~香港を取り巻く広域経済圏の未来と香港貿易発展局の支援活動」というテーマでご講演頂きました。香港貿易発展局は1966年に香港の対外貿易を促進する目的で設立された準政府系組織で、世界50ヶ所に拠点を有し、海外各地と香港間の貿易振興に当たっています。 伊東所長は、食品メーカー勤務を経て2006年より香港貿易発展局に転じ、主として食品・農林水産物の日本から香港向け・香港経由の輸出振興に当たってこられましたが、伝統工芸品、コンテンツ、環境保護技術、インバウンド観光や物流などに至るまで、広汎な分野で日本と香港間の貿易に関する知見をお持ちです。 「大湾区(広東・香港・澳門大湾区)構想」は、中国本土政府が主導する広域経済発展計画で、「一帯一路構想」 ― 陸のシルクロード(経済ベルト)と21世紀海上シルクロードの共同建設に関するビジョンとアクションを含む、中国の第13次5ヶ年計画に明記された国家戦略の一つに位置づけられています。プロジェクトリーダーは国務院の韓正筆頭副首相が務め、二つの特別行政区(香港・澳門)と広東省珠江デルタ地域の9都市を一体化して発展させることが謳われています。中国本土政府は本イニシアチブを具現化するために、2019年2月18日付で大湾区の開発計画概要を公布、具体案について示しています。 発展著しい広東省、とりわけ深セン市や広州市と香港の今後の協力関係、大湾区において香港が果たす役割や機能、「

最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Grey Facebook Icon

住所: Unit 329 & 330, 3/F., Hankow Centre, 5-15 Hankow Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong

© 2019 by NPO Hong Kong Wakyokai Ltd.