第152回定例会「香港×深セン×台湾×シンガポール和僑会 合同大交流会」

今月の定例会は「各地の経済環境とビジネスチャンス」と題して、シンガポール、深セン、台湾、ミャンマー、香港の最新情報を発表するセミナーと交流会を開催し、翌日はオプションとして2日間の「香港・深セン視察ツアー」を行いました。大変好評で、参加者の方々から嬉しい感想を沢山いただきました! ・今回のツアーで学んだこと&感じたことは多々ありますが、1番の収穫は各国の和僑会の人たちが素敵な人ばかりで、絶大な刺激をもらったことです。この必然の出会いに大いに感謝し、あちこちでした再会の約束を確実に実行していきたいと思います。また自分の生き方についてもいい刺激をもらいました! ・とにかく素敵な出会いに感謝!そしてやっぱり何でも現場に足を運んで、生きた情報を掴むということは、大事だなと実感!いい3日間でした! ・香港とシンガポールの立ち位置は、似たようなものだと勝手に思っていましたが、なかなか違うものだということも学びました。 ・タイムイズマネー(深セン速度)、赤いシリコンバレーと言われる都市でスピード感があり、平均年齢二十代の都市の勢い、文化形成を垣間見ました。Webの情報だけじゃなく、やっぱり現地に来きて見て感じて、更に色々な人と意見交換するってことは、視野を広げたり、新しい何かを発見する上では重要ですね。 ・香港の隣にありながら、なかなか知らないシンセン。今後もシンセンがどのように変化していくのか、時々見に行きたいと思いました。ツアーに参加できてよかったです。 ・本当にどこに行っても、自分の想像以上で、中国の発展度合いを見せつけられるような深センでした。 ・ある意味、中国らしくないという感覚を

「香港日本人墓地の墓参」

香港和僑会の社会貢献活動の一環として、また香港新潟県人会にも呼びかけまして、ハッピーバレーにある香港墳場(Hong Kong Cemetery)の一角にある日本人の墓地をご案内し墓参しました。 とても暑い日でしたが、6名の方にご参加いただき、都会の中にある森林のような墓地で静かなひとときを持てました。 ここには1878年から1945年までに465人の日本人が埋葬されていて、戦後荒れ放題になってしまいましたが、在香港日本国総領事館、香港日本人倶楽部が整備して、2000年より慰霊祭が始まりました。 日本人が集中して埋葬されている場所には、慰霊塔が厳かに立っていて、そこに行くと思わず祈りたくなる雰囲気がありました。明治から大正、昭和にかけて、日本もまだ貧しかった時代、密航した人、身売りされた人、商売に来た人、軍人などさまざまな日本人が香港を訪れ、苦労して日本人社会を形成してきました。この墓地はその証とも言えます。 衛生状況が悪く、ペストなども流行ったりした時代、赤ちゃんやこどものお墓もいくつも見かけました。当時が偲ばれます。 私たちが今安心して香港で暮らせるのもこうした方たちのおかげと言えるでしょう。ここはそうした香港における日本人の歴史に触れることのできる数少ない場所であり、今後も大事にしていくべきだと思います。 今回の墓参に当たり、日本人墓地の管理に多大な貢献をされてきた香港柔道館の岩見館長に資料をいただいたり、日本人墓地整備に携わった福光氏にもご参加いただき、当時の貴重なお話をきくことができて、大変参考になりましたので、 この場を借りてお礼を申し上げます。 最後はハッピー

タグから検索
最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Grey Facebook Icon

住所: Unit 329 & 330, 3/F., Hankow Centre, 5-15 Hankow Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong

© 2019 by NPO Hong Kong Wakyokai Ltd.