第133回定例会

第133回 株式会社SPIRAL COLOR代表 田岡道子さん 開催日 10月25日(火) 19:00 ~ 21:30 開催場所 香港和僑会オフィス https://www.wa-kyo.org/contact 参加者数 0名 第133回定例会「色で魅せる!」 講師:田岡道子さん <田岡さんについて> 田岡さんは、現在はタイのバンコクを拠点にし、世界でカラー関係の仕事に従事しています。タイに拠点を置く理由は、タイが東南アジアの車やバイクの生産集積地であり、その製品の色決定に関わるお仕事をしているからです。本も数冊出版していらして、タイ語での翻訳本もタイで出版されました。このセミナーの後も、上海と北京を訪問予定で、色の世界では、大活躍されている方です。 ちょうど、先日タイの国王が亡くなったところで、現在のタイの状況は、国全体が暗い そうです。着るものは黒しかダメな状態で、香港の色彩が鮮やかに映ったとおっしゃっていました。 【プレゼン内容:概略メモ】 <カラーオブライフ> 色は光。 明度対比、色相対比、彩度対比、補色対比、面積対比⇒影響がある。色の視認性。 光の三原色RGB。100%は白 色の三原色マゼンダ、シアン、イエロー。100%は黒。 色味;味覚によって感じる色。パッケージで売上げ変わる。(例:青いご飯は食欲わかない。) 色香;嗅覚によって感じる色。 色にはプラスマイナスがある。 赤;プラス活発、情熱、愛情。マイナス危険、攻撃、争い、激情。イエローは来年の一番の流行色。グリーン;去年、今年の流行色。関東人は緑が好き。 なぜ術着が緑か?補色残像効果。 青;DNAに刻み込まれ

第6回教育分科会 「子どもの成長の悩み/どこまでが個性でどこからが学習障害?」

●テーマ:自分の子供の成長の悩み どこまでが個性でどこからが発達障害? ●講師:曹 美穂子先生 現役の幼稚園の先生をしておられる美穂子先生から、発達障害について種類や症状などわかりやくすお話を伺いました。 参加者1人1 人の子供の事情に耳を傾けてくださり、アドバイスや励ましをいただきました。 発達障害ということについて、だいぶ理解を深めることができました。 また、参加者の皆さんと子供の様子をシェアすることによって、安心したり、参考になるインフォメーションを得ることができました。 「うちだけでは、ないんだ!」というたくさんの気づきに、力づけられた気持ちで帰宅しました。 懇親会は、日本風居酒屋で、子育ての話題に留まらず、親自身の行動の癖などにも触れながら楽しい時間を過ごしました。 (文責:香港和僑会、執筆:香港和僑会会員 北村卓也さん)

第6回教育分科会

タイトル 第6回教育分科会 開催日時 10 月 19 日 (水) 内容 「子どもの成長の悩み/どこまでが個性でどこからが学習障害?」 ●テーマ:自分の子供の成長の悩み どこまでが個性でどこからが発達障害? ●講師:曹 美穂子先生 現役の幼稚園の先生をしておられる美穂子先生から、発達障害について種類や症状などわかりやくすお話を伺いました。 参加者1人1 人の子供の事情に耳を傾けてくださり、アドバイスや励ましをいただきました。 発達障害ということについて、だいぶ理解を深めることができました。 また、参加者の皆さんと子供の様子をシェアすることによって、安心したり、参考になるインフォメーションを得ることができました。 「うちだけでは、ないんだ!」というたくさんの気づきに、力づけられた気持ちで帰宅しました。 懇親会は、日本風居酒屋で、子育ての話題に留まらず、親自身の行動の癖などにも触れながら楽しい時間を過ごしました。 (文責:香港和僑会、執筆:香港和僑会会員 北村卓也さん)

第1回ブランディング分科会 「ファッションブランド」

講師 荻野さん 今回のテーマ「ファッションブランド」 参加者は15名 荻野さんに講師をお願いし、セミナー方式で、行われました まずは、荻野さんから、プラダ投資判断の理由、為替と販売価格の関係などについて話をしていただき、キリンとアサヒなどのブランディングと、ヴィトン、シャネル、エルメスのブランディングは全く違うものである。という視点で、90分にわたってお話をいただきました。 ・お客さんを裏切らない ・一般的には多くの人が所有し始めると売れなくなるが、ヴィトンは違った ・自分は安く買ったことをスマートだと感じる。早く買った人が損してはいけない。 ・何から何までさすがだなと思うことをやってくれる ・エルメスで買っている自分を外から見ている自分がいる ・安売りはしない。高い値段の商品は、お客さんがいいところを見つけてくれる 荻野さんからは、今後は1か月に1回程度、数回にわけて、継続してお話をいただけることになっております。 参加者の方は、このブランディングを自分のビジネスにどう生かしていくかという視点を持っていらっしゃる方もおり、講演を聞いて終わりではなく、実践に移していくことを目標にしたいと思っています。 一緒に切磋琢磨できる仲間を求めていますので、どうぞよろしくお願いします。 次回予定11月23日(水)18:30~20:00 (文責:香港和僑会、執筆:香港和僑会会員 岡田善靖さん)

第1回ブランディング分科会

タイトル 第1回ブランディング分科会 開催日時 10 月 18 日 (火) 内容 「ファッションブランド」 講師 荻野さん 今回のテーマ「ファッションブランド」 参加者は15名 荻野さんに講師をお願いし、セミナー方式で、行われました まずは、荻野さんから、プラダ投資判断の理由、為替と販売価格の関係などについて話をしていただき、キリンとアサヒなどのブランディングと、ヴィトン、シャネル、エルメスのブランディングは全く違うものである。という視点で、90分にわたってお話をいただきました。 ・お客さんを裏切らない ・一般的には多くの人が所有し始めると売れなくなるが、ヴィトンは違った ・自分は安く買ったことをスマートだと感じる。早く買った人が損してはいけない。 ・何から何までさすがだなと思うことをやってくれる ・エルメスで買っている自分を外から見ている自分がいる ・安売りはしない。高い値段の商品は、お客さんがいいところを見つけてくれる 荻野さんからは、今後は1か月に1回程度、数回にわけて、継続してお話をいただけることになっております。 参加者の方は、このブランディングを自分のビジネスにどう生かしていくかという視点を持っていらっしゃる方もおり、講演を聞いて終わりではなく、実践に移していくことを目標にしたいと思っています。 一緒に切磋琢磨できる仲間を求めていますので、どうぞよろしくお願いします。 次回予定11月23日(水)18:30~20:00 (文責:香港和僑会、執筆:香港和僑会会員 岡田善靖さん)

第3回香港和僑会親睦ゴルフコンペ 「ゴルフコンペ」

もう10月の中旬だというのに初夏のような日差しの中、今回は18名の参加者が5組に分かれて日頃の練習の成果を競い合いました。 コンペの開催場所となった珠海ゴルフクラブは1985年に中国で2番目にオープンした歴史のある、樹木の美しいコースです。 どこかのんびりとした雰囲気があり、時々涼しい風もあり、気持ちよくプレーをすることが出来ました。 プレー後は日本式の大浴場で温泉気分を味わい、サッパリしたところで、表彰式と懇親会をスタート。よく冷えた青島ビールが乾いた喉を潤します。 そして、お待ちかねの順位発表。優勝は谷川さん、準優勝は坂井田さん、3位は関本さんという結果となりました。 念願のコースデビューを果たした方も安定したスコアで健闘、初めて香港和僑会のゴルフコンペに参加されたゲストの方も和やかな雰囲気を楽しんで頂き、入会のお申込みいただきました! 今回も数多くの景品で表彰式を盛り上げて頂いたスポンサーの皆様には改めてお礼申し上げます! <スポンサー様> ・Avance International Co., Ltd. ・A-1 BAKERY Co., (HK) Ltd. ・KANEZEN HONG KONG CO., LIMITED ・MRT(HK)Co.,Ltd. ・OPA INTERNATIONAL LTD. ・Pacific Site Holdings Limited ・SEIKO INDUSTRIAL COMPANY LIMITED ・TOP&TOP LTD. ・UBS ・YAMATO UNIFORM RENTAL LIMITED ・ZHUHAI GOLF CLUB ゴルフは楽

和僑キッズルーム 「無料英語イベント」

10月15日(土曜日)和僑会キッズルームにて、無料の英語イベントが行われました。 講師としてきてくださったのは、イングリッシュアットホームの先生方。まずは、フォニックスレッスン。手遊びや歌遊びをしながら、英語で遊びました。マジックバッグから「アブラカダブラ〜」で、パンプキンが出てきた後はみんなで、かぼちゃのスプーンレースをして遊びながらフォニックスPを学びました。次は、英語リトミックの時間です。ハロウィンの単語を発音した後は、音に合わせて、お化け屋敷の中を歩いていきました。ミイラやガイコツ、魔女に遭遇して、最後はみんなでほうきに乗って魔女になって飛びました。 その後には、手作りおやつタイムがありました。おやつは卵、乳製品を使わずに作られたクッキーとクラッカーでした。子供達がおやつを食べている間に、イングリッシュアットホームの活動内容についての話がありました。ママがまずは英語を勉強して、それを子供に実践するという新しい形の英語の学び方の提案がありました。英語でクッキングやゲームをまずはお母さんが学んで、それをお家で子供と話してみるというものでした。 詳しくは、イングリッシュアットホームのウェブサイトをご覧ください。 http://englishathome15.jimdo.com/イベント-予定/ 子供16名、大人15名が集まった英語体験会でした。 また、英語に触れる機会があるといいですね。 (文責:香港和僑会、執筆:香港和僑会会員 高藤桂子さん)

第3回香港和僑会親睦ゴルフコンペ

タイトル 第3回香港和僑会親睦ゴルフコンペ 開催日時 10 月 15 日 (土) 内容 「ゴルフコンペ」 もう10月の中旬だというのに初夏のような日差しの中、今回は18名の参加者が5組に分かれて日頃の練習の成果を競い合いました。 コンペの開催場所となった珠海ゴルフクラブは1985年に中国で2番目にオープンした歴史のある、樹木の美しいコースです。 どこかのんびりとした雰囲気があり、時々涼しい風もあり、気持ちよくプレーをすることが出来ました。 プレー後は日本式の大浴場で温泉気分を味わい、サッパリしたところで、表彰式と懇親会をスタート。よく冷えた青島ビールが乾いた喉を潤します。 そして、お待ちかねの順位発表。優勝は谷川さん、準優勝は坂井田さん、3位は関本さんという結果となりました。 念願のコースデビューを果たした方も安定したスコアで健闘、初めて香港和僑会のゴルフコンペに参加されたゲストの方も和やかな雰囲気を楽しんで頂き、入会のお申込みいただきました! 今回も数多くの景品で表彰式を盛り上げて頂いたスポンサーの皆様には改めてお礼申し上げます! <スポンサー様> ・Avance International Co., Ltd. ・A-1 BAKERY Co., (HK) Ltd. ・KANEZEN HONG KONG CO., LIMITED ・MRT(HK)Co.,Ltd. ・OPA INTERNATIONAL LTD. ・Pacific Site Holdings Limited ・SEIKO INDUSTRIAL COMPANY LIMITED ・TOP&TOP LTD. ・UBS ・

和僑キッズルーム

タイトル 和僑キッズルーム 開催日時 10 月 15 日 (土) 内容 「無料英語イベント」 10月15日(土曜日)和僑会キッズルームにて、無料の英語イベントが行われました。 講師としてきてくださったのは、イングリッシュアットホームの先生方。まずは、フォニックスレッスン。手遊びや歌遊びをしながら、英語で遊びました。マジックバッグから「アブラカダブラ〜」で、パンプキンが出てきた後はみんなで、かぼちゃのスプーンレースをして遊びながらフォニックスPを学びました。次は、英語リトミックの時間です。ハロウィンの単語を発音した後は、音に合わせて、お化け屋敷の中を歩いていきました。ミイラやガイコツ、魔女に遭遇して、最後はみんなでほうきに乗って魔女になって飛びました。 その後には、手作りおやつタイムがありました。おやつは卵、乳製品を使わずに作られたクッキーとクラッカーでした。子供達がおやつを食べている間に、イングリッシュアットホームの活動内容についての話がありました。ママがまずは英語を勉強して、それを子供に実践するという新しい形の英語の学び方の提案がありました。英語でクッキングやゲームをまずはお母さんが学んで、それをお家で子供と話してみるというものでした。 詳しくは、イングリッシュアットホームのウェブサイトをご覧ください。 http://englishathome15.jimdo.com/イベント-予定/ 子供16名、大人15名が集まった英語体験会でした。 また、英語に触れる機会があるといいですね。 (文責:香港和僑会、執筆:香港和僑会会員 高藤桂子さん)

タグから検索
最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Grey Facebook Icon

住所: Unit 329 & 330, 3/F., Hankow Centre, 5-15 Hankow Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong

© 2019 by NPO Hong Kong Wakyokai Ltd.